2016.04.24

大阪 北摂の箕面川ダムまでサイクリング。ダム湖面で森林浴してきました。



昨年、箕面の滝までサイクリングとハイキングを楽しみましたが、今回は、箕面の滝上流にある箕面川ダムまでサイクリング。ダム周辺の遊歩道をゆっくり歩いて、ダム湖面で森林浴を楽しんできました。

箕面川ダムは、淀川水系の箕面川の上流に位置し、昭和42年の北摂豪雨の被害を機に建設されたダムです。ダムの形式は、ロックフィルダムといって、斜面に敷き詰められた岩石が特徴のダムです。ダムといえば、富山県の黒部ダムのようなコンクリートの巨大な建造物をイメージしてしまうのですが、そうではない形式のダムということで、一度観てみたいと思っていました。ダムといえば自然破壊が問題になりますが、このダムは早期に環境の原状復帰が開始され、完成後も継続的な緑化対策が講じられる活動が認められ、環境庁より環境賞を受賞しているそうです。



大阪市内から箕面川ダムまで片道約30.9km。自転車で2時間ほどかかります。山間部なのでそれなりの坂道がありますが、ゆっくりマイペースで走ればしんどくない坂道です。本格的なサイクリストの方々は流石に男性も女性もペースを落とさずにけっこうなスピードで登っていきます。凄いです。立ち止まって景色を楽しんでいることが多いので、邪魔にならないように前後を気にしながら景色を楽しませてもらいました。







走っている最中、箕面川ダムに向かう山間部の国道沿いに、登山道を発見。何かありそうと思って自転車を止めて歩いていくと、展望台がありました。箕面山と箕面市が一望できるパノラマの風景が楽しめる場所でした。これはいいです。









展望台を後に、再びダムに向かって走行。箕面の滝付近まで来ると、滝の上流の沢にそって道が続いているので、川の音を楽しみながら走ることができます。途中、大きなレンズをつけたカメラをもったおじさん、おばさん達が沢に注目しているので、何かなと思って声をかけてみました。コマドリを撮影しているとのこと。顔から喉にかけてオレンジ色に化粧している可愛い野鳥です。撮影してみたかったですが、ぼくのデジカメでは到底無理な被写体さんです。











さらに登っていくと、斜面に敷き詰められた岩石が見えてきました。箕面川ダムです。インターネットの写真で見るよりも迫力があり、美しい景観です。巨大な古墳をみているような気分になります。斜面の尾根にあたる部分は国道になっており、山側をのぞくとダムの湖面が一望できます。









せっかく来たので、自転車を押してダム周辺の遊歩道を散策することにしました。車道に面している道はデッキ状の歩道が設けられていて、びゅんびゅん飛ばしてくる車を気にせずにゆっくり歩くことができます。林道もしっかり間伐されているので、天井が明るく気持よく歩けます。











ダム堤体を湖面を挟んで一望できる場所には、ベンチも置いてあり休憩しながら森林浴を楽しめます。ベンチでしばらく寝転がって休憩。









帰り道は行きと同じ道だったので、下りでほぼ漕ぐことなく、スイスイ気持ちよく走ることができました。サイクリストの方たちがこの下りを気持ちよさそうに走り抜けていくのをみるとロードバイクに乗ってみたくなりました。



camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ


posted by pen at 14:08 | Comment(0) | Cycling | 更新情報をチェックする
2016.04.03

東大阪市の恩智川治水緑地までサイクリングしてきました。

東大阪市の恩智川治水緑地までサイクリングしてきました。大阪市内から50分程で行ける場所です。恩智川(おんちがわ)は大阪府を流れる淀川水系の河川で、とくに近鉄線東花園駅付近の川の両歩道は整備されていて、生駒山を眺めながらジョギングや散歩を楽しめます。さらに春になると川沿いに綺麗な菜の花を数キロに渡って見ることができます。満開の時期には少し早いですが、菜の花の風景も楽しんできました。



この菜の花は自生ではなく、恩智川の水質浄化などに取り組むNPO法人「東大阪市環境カウンセラー協会」が、平成16〜20年に地域住民の方々と種をまき育ててきたものだそうです。こんなに綺麗な花を咲かせている川にゴミのポイ捨てをする気にさせないようにするためのアイデアでしょうか。素敵な取り組みだなあと感じました。







菜の花を楽しみながら川沿いを南下していくと目的地の恩智川治水緑地が見えてきます。生駒山系を背景に、広々とした緑地の敷地と、川を挟んで反対側には大きなグランドも見えてきます。





恩智川治水緑地は大雨が降った際、恩智川の洪水を緑地内に一時的に水を貯めることにより、洪水の量を減らし、河川への負担を軽減させる役割を担っているそうです。平常時は写真のように、グラウンドや散策路として開放されていて、近隣の住民の方の憩いの場になっているようです。緑地内の池島弥生橋がかかる橋の上からは、バードウォッチングをしている方の姿もチラホラ。ぼくのカメラでは野鳥を綺麗に撮影できないですが、肉眼で確認できるくらいの距離で観察することができます。







近頃水に関わる場所に惹かれて出かけているなあと思いながら、気持ちいいサイクリングを楽しみました。





camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 01:25 | Comment(2) | Cycling | 更新情報をチェックする
2016.03.27

大阪府 狭山池ダムに2度目のサイクリングにいってきました。

去年の12月に大阪府の狭山池ダムまでサイクリングした際、残念なことに池周辺の改修工事で入れなかったのですが、工事も終わったということで再度走ってきました。狭山池までは、大阪市内から約24キロあります。



狭山池は今年で築造1400年という歴史のあるダムで、何度も改修が行われ、現在は均一に台形場に盛り土を行って堤体をつくる「均一型アースフィルダム」という工法で造られています。やっとその景観を見ることができました。



思っている以上に大きな池で、池周辺は早朝ランニングや散歩をしている人たちで賑わっています。ランニングや散歩をしている人が圧倒的に多く、自転車で走ってはいけないのかなと思い、手押しで池の周りを散歩しました。お昼すぎになると、人の数も増えてきます。静かに景観を楽しみたい方は時間帯をみて訪れるといいかもしれません。

前回訪れた時に見学した安藤忠雄さん設計のダム資料館を池とセットでみえる景色を探してみました。遠くからでもとてもシンプルで美しいです。池の周りには、ベンチもあり、池を見渡しながら休憩ができます。ぽかぽかした天気の日には最高なんじゃないかと思います。









池の南側で、ダムらしい光景を発見しました。勉強不足でどんな機能なのかわかっていませんが、高さのある段差があり、水が流れおちています。反対側を見ると用水路があり、街に向かって流れていきます。池の周りには桜の並木道もあるので、これから桜が満開になる時期が楽しみです。





さらに池の水面を見下ろしながら歩けるデッキや、ダム資料館と池を挟んだ道は綺麗に植樹されていて気持ちよく歩け、一周するだけでも色々な景色が楽しめます。












camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ

posted by pen at 12:44 | Comment(0) | Cycling | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。