2015.06.21

短編映画をみているようなバナナマンさんのコントが好きです


にわかファンですが、バナナマンさんが好きで、司会をしている番組やコントのDVDをよく観ています。きっかけはパートナーのお薦めといってレンタルしてきた「bananaman live」のDVD数枚。カルチャーがなさすぎるぼくに、いつも刺激になるものをポンっ出してくれたりします。それまで、お笑いに関心がなかったので、レンタルして観るなんて発想が全くありませんでした。それ借りるなら、あの映画観たかったのにと思うくらいです。

ふーんって感じで観てみることにしたその日から、ファンになってしまいました。ぼくの知っているお笑いやコントはテレビ番組で観ること以外認識がなく、テレビでも観れるでしょくらいの感覚だったのですが、イメージしていたものと全く違っていました。かなり衝撃的でした。

笑いだけでなく、ほろっとさせられたり、ぞくっとさせれたり、考えさせられたり、短編映画を何本も観ている感じでハマってしまいました。テレビで観る関西のお笑い芸人さんのテンポやリズムが自分の中の標準になっていたので、それとは全く違っていて、あれって思う新鮮さでいっぱいで、設楽さんと日村を心底リスペクトしてしまいました。

好きなコントが何本かyoutubeにもあがっていたので、メモしておきます。

「ルスデン」
凄いなーと思って何度も見なおしました。




「赤えんぴつ」
赤えんぴつのファンになりました。




「No Clue」
なんかいいなーと優しくなれました




「Lucky charm」
そうだなー、そういうことなんだなーと思えました




難しいかもしれませんが、DVDで観るだけじゃなく、生のライブで、その空気感も味わいたい。

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


posted by pen at 11:07 | Comment(0) | Recommend | 更新情報をチェックする
2015.06.14

Apple WATCHを購入。腕時計というより、人がOSと繋がる為のコネクターのように感じた。



Apple WATCHを購入しました。Apple WATCH SPORTの42mm。色は好みで、スペースグレイアルミニウムケースにバンドはブラックスポーツ。

購入動機は、新しいデバイスに触れて、機能性と可能性を知っておきたい。という単なる好奇心です。でも、今使っている腕時計で満足しているし、買い替える必要性を全く感じられなかったので、真剣に悩みました。

1週間くらい考えた結果、購入することに決めました。iPhoneでライフスタイルが大きく変化したことを考えると、知っておいて損はないと感じました。注意したことは、使うからには、無駄遣いにならないように、使用目的を時間管理とフィットネスの2点に絞りました。現状リリースされているアプリやAppleWATCHの機能を調べていると、今のところ、時間管理とフィットネスを目的にした方が、使いきれそうだなと感じたことが理由です。

というわけで、注文して1週間くらいで届きました。「購入したぜっ」ていう嬉しさを実感させてくれるAppleらしいシンプルなデザインのパッケージです。



さっそくAppleWATCHを初体験。1週間ほど使ってみた私的な感想ですが、とてもよかったです。時間管理に便利だし、フィットネスが楽しくなります。

嬉しかったのは、iPhoneをポケットから取り出す動作をショートカットできること。スケジュールを確認することができるし、トントンっと呼び止められる感じでAppleWATCHが振動し、リマインダーが次にやること、忘れたちゃまずいことを指定の時間に知らせてくれます。imassageを頻繁に利用しているので、これも動作がショートカット。返信はできないですが、仕事のメールの内容もすべてチェックできます。アプリを入れておけば、オンラインのショップの売上なんかもiphoneやMacbookをわざわざ開けなくても確認できます。現在使用しているクラウドサービスもAppleWATCHのアプリに対応してくれれば、社内の全情報が腕を上げるだけで知ることができるかと思うと便利です。iPhoneやiPadで充分満足していたのに、これはクセになります。



フィットネスもさらに楽しくなります。自転車通勤を前向きに楽しむ為に、iPhoneにアプリをいれて、走行した距離やタイム、速度、消費カロリーを計測していたのですが、いちいちiPhoneを取り出さなくてもAppleWATCHで操作できるし、情報を確認できます。地図だって見れます。信号待ちでウェストポーチからiPoneを取り出して確認する必要がなくなりました。片耳タイプのBluetoothのイヤホンマイクで音楽を聞いているのですが、音楽も手元で再生、プレイリストの変更もできます。電車の移動時間や乗り換えもアプリが対応していれば、AppleWATCHで確認できます。全部、たいしたことないちょっとした事ですが、このちょっとしたショートカットが気持ちいいです。

個人的に有難かったのは、iPhone5cにはヘルスケアの歩数計などに対応するセンサーがついていなかったのですが、AppleWATCHがそのセンサー代わりになるので、ヘルスケアの活用範囲がこれで広がりました。

課題点は、iPhoneのバッテリーの減り方がすごい。AppleWATCHに接続していなければ、省エネ設定で、1日充分にもっていたのですが、ダメです。夕方頃は、いつ力尽きるのかヒヤヒヤしてしまいます。モバイルバッテリーは必須アイテムになりそうです。(その後の記録:AppleWATCHに通知してもらいたい情報と使用するアプリを必要最低限にして、音を切るとiPhoneも1日使えるくらいになりました。長電話が入るとアウトですが。。)

あと、ニュースを閲覧する情報ツールとしては、今のところ必要ない感じに思えました。トピックスを通知されたところで、どうしろと言うんだという感じを受けました。その場で読みたいにきまっているじゃないかと。かといって読めるようにしてくれても腕を上げながら読む気にはなれません。腕をあげてiPone片手に情報を見る動作をしますが、手のひらを自分に向けて腕を上げるのと、手の甲を向けて上げるのとでは、肘の高さや角度からして、どう考えても腕への負荷が違います。腕が疲れてしまいます。なので、なんでもかんでもAppleWATCHで済ませられるなんて期待しません。環境や状況によってそのデバイスに最適な使い方をすればいいかなと。

iPhoneに替えたことで、自分のライフスタイルの中で大きく変わったのは、情報収集や情報整理のスピードが劇的に変わったことでした。今回のAppleWATCHは、時間管理や身体の健康管理を劇的に変えてくれそうです。まだまだ、対応アプリが少ないので、これからの進化に期待してしまいます。

とはいえ、休日に出かけるときは、今までお世話になってきた愛用の腕時計を腕時計として着用して出かけたいと思います。1週間使ってみて思ったことは、AppleWATCHは腕時計というより、OSと繋がる為のコネクターみたいなもので、今のところ、仕事やフィットネスをするにあたって、自分を管理できる便利な機器という印象です。ということで、AppleWATCHは、その役割に徹してもらうことにしました。

ファッションやモノとしての愛着は今の腕時計が一番お気に入りです。休日はそれを身につけて楽しみたいです。AppleWATCHが進化したら、どうなるかわかりませんが。。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
必要最低限のアプリしかインストールしていないので、比較にならないですが、
今回、AppleWATCHで使い勝手がよかったアプリのメモ

Apple標準アプリ
◯時計
◯メッセージ
◯メール(受信のみ)
◯カレンダー
◯リマインダー
◯マップ
◯ミュージック
◯アクティビティ
◯Passbook
◯天気


インストールアプリ
◯Evernote
◯AroundMe
◯Y!乗換案内
◯rutasticPro
◯sixpack
◯Excite翻訳



個人的にAppleWATCHで意味を見いだせなかったアプリ

Apple標準アプリ
◯写真
◯カメラ

インストールアプリ
◯gunosy
◯instagram
◯Twitter
◯Y!ニュース
◯Y!ニュースBiz

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


posted by pen at 05:29 | Comment(2) | Recommend | 更新情報をチェックする
2015.02.14

映画「ANNIE / アニー」を観にいきました。
心がキレイになる映画でした。



Sia - Opportunity (Sia Version)

映画「ANNIE/アニー」を観にいってきました。心がキレイになれる映画でした。元気をもらえたのはもちろんですが、とにかく心が気持ちいい。疲れてる心をキレイに洗い流してくれた。そんな感じです。

「アニー」というタイトルはミュージカルの「アニー」と楽曲「TOMORROW」でよく耳にしていましたが、ミュージカルというジャンルの楽しみ方を知らないこともあり、お話の内容も知らないし、今まで観に行ったこともありません。なので「ANNIE/アニー」の映画といっても、それはぜひ観てみたいなというテンションではありませんでした。それでも観に行ってようと思ったキッカケは、昔からパートナーがよくアニーの「TOMORROW」を口ずさんでいるからです。あまりにも楽しそうに口ずさんでいるので、なんかのタイミングで一緒に観にいけたらと思っていました。今回映画を観て、当然「TOMORROW」の日本語字幕が読めるわけですが、こんな意味やってんや!とパートナーは驚いていました。まさか意味を知らずに口ずさんでいたとは。。僕も初めて知りましたが、辛い時に歌う曲じゃないかとツッコミをいれたくなりました。いつも辛い思いさせてすみません。

映画の話に戻りますが、基本情報も期待感もなんにもなく観たせいでしょうか。もう満足度100%で映画館を出てきました。こんなに元気をもらえる作品だったなんて知りませんでした。そして満足度100%には物語だけでなく、この映画の主役「アニー」を演じたクワベンジャネ・ウォレスちゃんの存在が大きいです。したたかで、純粋で、優しく元気なアニーの喜怒哀楽の表情をとても魅力的に表現していました。単純に愛嬌があって可愛いとかでなく、なんとも言えない表情を見せてくれます。素晴らしい女優さんです。

そして物語も、とてもわかりやすい。


ニュー ヨーク、マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女 を偶然助ける。その少女の名前はアニー。4歳の頃、レストランに置き去りにされ、今は、横暴なハニガン(キャメロン・ディアス)が営む 施設で暮らしている。10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニー の境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかも知れないと考え、スタックスの選挙戦を利用し、協力するが、次第にふたりの心に絆がめばえていき・・・。

映画「ANNIE/アニー」オフィシャルサイトより

さらに劇中に歌われる曲の数々、どれも素敵です。はまりました。「TOMORROW」しか知らなかったので、こんなに素敵な曲がたくさんあるなんて驚きました。


Annie (Original Motion Picture Soundtrack) Cast - Music Montage

その中でもお気に入りは「You're Never Fully Dressed Without a Smile (2014 Film Version)」。
Sia(シーア)という方が歌われています。映画の中ではパーティーシーンで流れてきます。オリジナルとは全く違った現代版としてアレンジされた曲ということですが、自分にとって最初に耳にしたこの曲に、オリジナルがどうのと言われてもピンときません。最初に耳にしたこの歌声とサウンドが好きになりました。「Smile」というワードがとってもいい。元気をもらえます。


Sia - You're Never Fully Dressed Without a Smile (2014 Film Version)

上記のミュージック・ビデオは、映画に出演した子どもたちが実際のニューヨークの町でスマイルを届けるサプライズビデオだそうです。曇りで気分の冴えない日に子どもたちが待ちゆく人を笑顔にしていく素敵な映像でした。このビデオの中で、5人がポールに乗って横一列で傘を回すシーンがあるのですが、そのシーンがとてもかわいい。絵になりそうです。

機会があれば、原作やミュージカルも観てみたいと思います。


ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


posted by pen at 22:07 | Comment(4) | Recommend | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。