2016.09.11

尾道旅行その3〜坂のまち〜



尾道旅行の1日目はサイクリングを楽しめたので、2日目はウォーキングで尾道を楽しみます。その前に、早朝は海沿いのデッキを散歩しながら、朝一の焼きたてのパンを食べることにしました。前日の後半にぶらりと歩いた商店街に素敵な名前のパン屋さん「パン屋航路」を見かけたので、そこでパンを購入。名前から惹かれてしまいます。店内は美味しそうなパンがずらり。特にたくさんの種類のベーグルが目につきます。きっとベーグルがオススメなのかもしれません。心地よい早朝の空気といいっしょに美味しくいただきました。







朝食後はさっそく尾道のまちを散策。とりいそぎ町なみを見渡せる山側の千光寺公園にある展望台へ向かうことに。公園まではロープウェイが利用でき、数分間ゴンドラに揺られながら尾道の町並みを見下ろします。ロープウェイの山頂駅から目の前には展望台があり、先ほどのゴンドラからの景色よりも素敵な景色が360度楽しめます。こうして見てると、尾道と海を挟んだ向島までの距離がすごく近くに感じます。瀬戸内海に面した海沿いを「尾道水道」と呼ばれているそうなのですが、なるほどと思えました。









千光寺公園は、春になると桜が見もので、さくらの名所100選にも選ばれています。先ほどの展望台は、夜景100選に選ばれているそうで、デートスポットで人気だとか。景色もさることながら、この園内には尾道市美術館があり、美術館の建築は安藤忠雄さんによるもの。安藤さんの建築物は好きなので、美術館にも立ち寄ることにしました。この日は猫をテーマにした写真展が開催されていました。館内は尾道の町並みを眺めることができるテラスもあり、気持ちちいい空間です。









美術館で一息ついたあと、園内の中心にある千光寺にお参り。千光寺は、弘法大師の開基とされる真言宗のお寺です。本堂は赤堂と呼ばれるくらい朱色一色、このお寺の周りには大きな岩石がたくさんあり、お寺のシンボルにもなっている「玉の岩」のほかに「三重岩」や「鼓岩」など奇岩と呼ばれる巨大岩石が点在しています。岩にはよく見ると、梵字や、絵が刻まれています。くさり山では、石鎚山へ登るための鎖が設置せれていて、ここから岩をよじ登ることができます。岩の上からの景色も絶景です。本堂にある鐘楼の鐘の音は「日本の音風景100選」に選ばれています。千光寺公園は何かと100選ものが多い。

















奇岩を堪能したあとは、歩きで坂のまちを味わいながら降りていきます。坂道をおりる途中の小さな公園では、数人の方が何やら撮影をしていたので、何を撮っているだろと観に行くと猫があっちにもこっちにも。尾道の坂のまちの顔になっているようです。それにしてもどこを見ても絵になります。















三重塔の丁寧寺の海雲塔の付近には、「猫の細道」なるものがあり、猫のオブジェなど猫好きに大人気の小道があります。猫がメインなのになぜかフクロウもお出迎え。可愛いけど細道のコンセプトがぶれるんじゃないかと心配になりました。















もっと尾道の坂道を散策して楽しみたいと思ったのですが、午後からは鞆の浦方面に観光する予定だったので、名残おしいですが、鞆の浦へフェリーを使って移動。

2日目の午後は鞆の浦から仙水島へ。
尾道旅行その4へ続く


尾道旅行その1
尾道旅行その2

camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-


ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 01:36 | Comment(1) | Trip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Pen様

はじめまして。
突然のコメント失礼いたします。トリップノート編集部と申します。
ブログを拝見し、コメントを残させていただいております。

過去に遡って記事を拝見させていただいたのですが、旅行がお好きなんですね。
写真が豊富ですし、空堀町や尾道のまちなみなど日常の風景が情緒豊かに描かれており、
楽しく読ませていただきました。

私共の運営する、オンラインの旅行マガジン&ガイドブック[tripnote]では、現在、旅行に関する記事を書いてくださる《トラベルライター》を募集しておりまして、特に旅行についての情報発信を積極的になさっている方へお声がけさせていただいております。

《トラベルライター》の具体的なお仕事内容としましては、ご自身で訪れた経験のあるスポット(観光名所や旅先のレストラン、ショップなど)について、ご自身で撮った写真を中心に記事を執筆していただくお仕事で、基本的にこちらから記事のテーマを指定することはなく、トラベルライターさんご自身が、紹介したいスポットを決めて記事を書いていただく、在宅での業務となります。

報酬としましては、1記事につき固定報酬500円+従量報酬(有効なアクセス数に応じて)をお支払いいたします。

少しでも《トラベルライター》に興味を持っていただけるようであれば、以下の募集ページより、お気軽にご応募いただければ幸いです。

■トラベルライター募集ページ
https://tripnote.jp/minna
Posted by トリップノート編集部 at 2016年09月19日 12:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]