2016.07.10

鳥取砂丘にいってきました。



鳥取県にある鳥取砂丘まで遊びにいってきました。日本海岸側にある日本最大の海岸砂丘で、山陰海岸国立公園として特別保護地区や日本の地質百選に指定されています。当日は、大阪から数時間のバスツアーを利用。バスの車窓から見える都会の町並みが田園風景に変わっていく眺めを楽しみつつ無事現地に到着。



ツアー工程は、鳥取砂丘の前に浦富海岸クルーズ。遊覧船に乗り込み島めぐりです。浦富海岸も隣接する鳥取砂丘とともに、山陰海岸国立公園に指定されています。





複雑に入り組んだリアス式海岸の変化に富んだ景観と透明度の高い海に感動。日本海の荒波と厳しい風雪に削られた断崖絶壁を見上げながらの遊覧は迫力満点です。











浦富海岸は、山陰海岸ジオパークのエリアにも含まれていて、洞門や洞窟、白砂浜、様々な地形を観察することができる自然の博物館にもなっています。ジオパークとは、「geo」という地球や大地の意味の接頭後で、地質や地形から地球の歴史を学べる他、その大地に暮らす人と文化も学ぶことができるそうです。









島の砂浜で遊んでいる人や釣りを楽しむ人も見かけたので、ボートか何かでここまで遊びにこれるようです。







浦富海岸クルーズを楽しんだ後、昼食休憩をとっていよいよ鳥取砂丘。はじめて訪れたので、その広大な砂丘に驚きました。鳥取砂丘は、人工的につくったものではなく、長い年月をかけて自然に出来上がったということです。中国山地山間部の岩石が風化作用を受けて砂となり、山から合流して海に向かう千代川がその砂を日本海まで運びます。海まで運び込まれたら、次は波によって岸へ打ち上げられ、さらに強風の西風が内陸側に吹き付けられ積もり積もって砂丘になったということです。当日も確かに強い風が吹きつけていて、砂塵が舞い上がっていました。観光で1日過ごすぶんにはいいですが、ここで生活をする地元の方はけっこう大変なんじゃないでしょうか。





馬の背と呼ばれる一番おおきな砂丘を登りきると日本海が一望できます。海側砂丘を覗き込むと急勾配の砂山のてっぺんにいることがわかります。風にとばされて転げおちないように気をつけます。







砂丘を満喫した後、少し休憩。気が付けばシューズにおもいっきり砂が入っていました。シューズを逆さにするとザラッとでてきます。サンダル持参して履き替えて出て行った方がよかったかもしれません。休憩後、鳥取砂丘から歩いて数分の「砂の美術館」へ。ここは世界初の「砂」をテーマにした美術館で、定期的に砂像展示のイベントが行われています。各国のプロの砂像の彫刻家を招いてテーマにそった像を制作するそうです。今期のテーマは「砂で世界旅行・南米編」です。











小さい頃、砂遊びで少し水で固めながら建物らしきもの作ったり、団子をつくったりして遊んだ記憶がありますが、こんな立体物どうやってつくるんだろうと興味津々で見てしまいました。砂像は、意図したサイズの入れ物に砂を詰めて水を適量にいれ、よく砂と水を混ぜた後、押し固めるそうです。その後水がひいてから入れ物から取り出して土台が完成。その砂の土台を彫刻のように削り、崩れないように慎重に手を加えていく地道で大変な作業です。











想像していたよりも会場内は広く、南部の歴史や文化を垣間見える砂像の展示がいくつもあり、こんなにたくさん見れるとは思ってもみませんでした。久しぶりに色々なものを見聞きできた満足の日帰りバスツアーでした。







camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 02:05 | Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳥取砂丘初めて見ました。
いろいろ楽しめるんですね。

ブログラムのmasaです。早いもので、もうすぐ7月も下旬ですね。
まだ梅雨の時期なので、湿度も高く体調を崩しやすい時期となります。 お体お大事にしてくださいね。
人生1回! 生きて幸せ! 平穏無事に感謝です。 自分らしく生きよう! 今日一日が素敵な日でありますように!
応援しています。
Posted by masa at 2016年07月18日 06:02
masaさん

こんばんは。

色々楽しめました。今回はやっていませんが、パラグライダーやサンドボードなどアウトドア・スポーツも楽しめます。

今週は、低気圧に悩まされず、快適に過ごせています。
Posted by pen at 2016年07月21日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]