2016.05.15

大阪城公園と中之島をサイクリング。



休日の時間がある日は、いつも大阪城公園をゆったりサイクリングしていますが、そろそろ別の景色も観たくなり、いつものお気に入りのコースにプラスして中之島をぐるっと走ってきました。中之島は、街のビルディングと水辺と緑の景色がとても素敵な場所です。中之島の穂先がみえる天神橋にスロープがありそこから降りていきます。



涼しい早朝の公園は、ジョギングしている人、木陰で読書している人、自転車でピクニックしに来ている人、ヨガをしている人、日光浴している人など色々。中之島公園は、堂島川と土佐堀川に挟まれた小さな島で、大阪市で初めて誕生した公園です。府立中之島図書館や中央公会堂など歴史のある建築物もみることができます。







季節的にタイミングがよかったみたいで、バラ園がとても綺麗に彩られていました。みなさん撮影を楽しまれています。ぼくも自転車を止めて撮影。園内は散歩道が設けられ、「バラの小径(こみち)」と「バラ園」の2つのエリアで構成されています。大阪市営のバラ園でも最も多い約310品種、3700株のバラが咲いています。

















バラ園を抜けると中央公開堂が見えてきます。小学校の頃、課外授業で中央公会堂のスケッチをしにきたことがあります。楽して描こうと、描くものを少なくするために中央公会堂の正面のアーチ状の上部だけ描いた記憶があります。ちょうど下のような角度でした。





中央公会堂の裏には、大阪府立中之島図書館。明治37年(1904年)に建てられた重厚な建築物は、大阪大空襲の戦災からも免れ、1974年に重要文化財に指定されました。現在も図書館として利用されています。



中央公会堂の南側の市庁まで続く道は「みおつくりプロムナード」と呼ばれており、冬の時期はイルミネーションの光のトンネルが現れます。そして御堂筋の道路を挟んだ向かいには、日本銀行大阪市支店旧館。日本銀行大阪市支店旧館は、明治36年(1903年)に建設され、こちらも歴史を感じる建物です。







御堂筋を渡ってさらに川沿いを走ると、また、いい感じの重厚な建物がみえます。三井住友銀行大阪本店。大正15年に建てられ、耐震補強の改修工事が昨年完了したとのこと。





さらに南側の土佐堀川沿いを走っていくと、大阪市立科学館、国立美術館が見えてきます。そのまま直進していき、中之島の西の穂先までいくと旋回して、次は堂島川沿いを走ります。こちらは、車道メインなので、ゆっくり走っている間がなく中之島を走り抜ける感じです。







中央公会堂前まで戻ると北側の橋を渡って、中之島の外側を走り、南天満公園に向かいます。南天満公園はテニスコートや芝生もあり、ゆっくり散歩できる道です。さらに北河内サイクルラインという自転車道と繋がっていて、サイクルラインの通過点である川崎橋は、歩行者・自転車専用の橋として浪速の名橋50選に選ばれています。

この橋を渡ると、大阪城公園に戻ってこれます。
平日は自動車が多いので、休日の早朝に走るのがいいかもしれません。











camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-1

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 00:25 | Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらもようやくバラが咲きました。
今日一日が素敵な日でありますように!
応援ポチ。
Posted by masa at 2016年05月30日 05:19
masaさん

こんにちわ。お返事がおそくなってすみません。
花や草木の色が鮮明になってきて、気持ちが明るくなる季節ですね。しばらく天気がよかったですが、そろそろ梅雨いりしそうです。
Posted by pen at 2016年06月05日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]