2016.03.27

大阪府 狭山池ダムに2度目のサイクリングにいってきました。

去年の12月に大阪府の狭山池ダムまでサイクリングした際、残念なことに池周辺の改修工事で入れなかったのですが、工事も終わったということで再度走ってきました。狭山池までは、大阪市内から約24キロあります。



狭山池は今年で築造1400年という歴史のあるダムで、何度も改修が行われ、現在は均一に台形場に盛り土を行って堤体をつくる「均一型アースフィルダム」という工法で造られています。やっとその景観を見ることができました。



思っている以上に大きな池で、池周辺は早朝ランニングや散歩をしている人たちで賑わっています。ランニングや散歩をしている人が圧倒的に多く、自転車で走ってはいけないのかなと思い、手押しで池の周りを散歩しました。お昼すぎになると、人の数も増えてきます。静かに景観を楽しみたい方は時間帯をみて訪れるといいかもしれません。

前回訪れた時に見学した安藤忠雄さん設計のダム資料館を池とセットでみえる景色を探してみました。遠くからでもとてもシンプルで美しいです。池の周りには、ベンチもあり、池を見渡しながら休憩ができます。ぽかぽかした天気の日には最高なんじゃないかと思います。









池の南側で、ダムらしい光景を発見しました。勉強不足でどんな機能なのかわかっていませんが、高さのある段差があり、水が流れおちています。反対側を見ると用水路があり、街に向かって流れていきます。池の周りには桜の並木道もあるので、これから桜が満開になる時期が楽しみです。





さらに池の水面を見下ろしながら歩けるデッキや、ダム資料館と池を挟んだ道は綺麗に植樹されていて気持ちよく歩け、一周するだけでも色々な景色が楽しめます。












camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ

posted by pen at 12:44 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]