2015.12.20

大阪 狭山池ダムまでサイクリング

大阪府狭山市にある狭山池ダムまでサイクリングしてきました。片道1時間程ですが、ひさしぶりのサイクリングで爽快な気分でした。狭山池は来年で築造1400年という歴史のあるダムです。ダムといえば山間部にあるイメージだったのですが、大きな「ため池」にもダムは造れるんですね。治水や既得取水の為につくられるものと思えば、なるほどと思いました。

狭山池ダムは、均一に台形場に盛り土を行って堤体をつくる「均一型アースフィルダム」という工法で、ため池はこの型式で建設されるそうです。安易な感想ですが、「アースフィルダム」って言われるとカッコイイですね。この日は、ダム周辺をゆっくり走って帰ろうと思って楽しみにしていたのですが、2016年の狭山池築造1400年記念にむけて園内は整備中で入いることができませんでした。残念。



池まわりを楽しむことがでなかったのですが、狭山池ダムの歴史をしっかり知ることができる「大阪府立狭山池博物館」に立ち寄りました。建物は安藤忠雄さんによる設計。安藤さんの建物は好きです。(と言っても安藤さんしか建築家の名前を知らないですが。。)好きな理由は、心にゆとりができます。何か意図して創っておられると思うのですが、こんな広いスペースになんにもないって何?って思うくらい何もない間があります。でも必要なものが凝縮されている便利な空間よりも、なぜだか落ち着きます。入り口もいつもどこ?ここ?って思うようなエントランスですが、嫌いになれません。入ると空気も景色も一変します。













狭山池博物館では、狭山池の1400年の歴史を知ることができる他、土木遺産の保存と公開を目的としている為、土木技術の国内、東アジアの貴重な資料を観ることができます。土木と聞くと大掛かりな「工事現場」を想像してしまうのですが、古代から現代までの歴史を知ると多くの人の英知の積み重ねで、人の命を守ってきたんだなーと、「人」や「土木技術」が見えてきて勉強になりました。









博物館内の展示で一番印象的だったのは、狭山池ダムの堤体の実物の展示です。高さ約15メートル、幅約60メートルの堤体の一部を切り取り、博物館内に移築されたものです。飛鳥時間に築かれた堤が、改修を繰り返されて上に積み重ねられていくのですが、その地層というか断面を実際に目にすることができ、目に見えない歴史の時間軸を視覚で感じることができます。他にも当時の重要文化財がたくさん展示されいて、凄いなと思いつつ、歴史や土木技術に関心がないとついていけないので、音声ガイダンス必須だと思いました。



帰りは、狭山池の近辺の堺市美原区にある「舟渡池(ふなといけ)」で水辺の景色を楽しみました。帰り道の走行中にいい眺めだなーと思って、たまたま見つけました。池のほとりにある舟渡池公園は、小さいながら家族てゆっくり過ごせる素敵な公園で、大阪みどりの百選のひとつとして親しまれているようです。







野鳥も生息していて、池にはバードウォッチ向けの窓付き観察エリアが設えてありました。野鳥の目を気にするなら、緑に囲われているとかもう少し工夫したらどうだとツッコミをいれたくなる箱ですが、緑があるとそこに野鳥が溜まってしまうかもしれないから、これが正解なのかとも思えました。







寒空の下でしたが、池の周りを自転車を押したなら散歩して、しっかり息抜きできたサイクリングでした。

camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 13:07 | Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PENさん、何時もご訪問頂き、ありがとうございますっ!
コメント書き込めるようにして設定して頂けたのですネ(ありがとうございますっ、、ぺこり

PENさん写真のレベルってすごいですよねぇ、、
どうやったら綺麗な写真を撮れるのだろうと何時も思いながら記事をよませて頂いています。
素人の私のしょぼ〜い携帯写真と大違いです、、
しかもサイクリングって、すごいですっ!
私は根性なしなので一時間も自転車は、ぜったぁ〜いにムリです、、と思います。。
って思うのは高校生の頃、学校まで自転車で一時間だったのですが、
毎日毎日、、あ〜もうダメって、、、。

これからも素敵な写真ブログたのしみにしていますネ(うふふ
Posted by ひろみですっ at 2015年12月26日 00:50
ひろみさん

こんばんわ。
コメントありがとうございます。

学校まで一時間もかけて走ってたんですね。
逆にそれはすごいと思います。
僕は高校の頃、自転車で行こうとおもったら
50分でいけるのに、電車通学で楽してました。
Posted by PEN at 2015年12月27日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]