2015.09.06

固定概念の家族像から少し開放された気がした



先日、書店で「KINFOLK」という海外雑誌の日本版を購入しました。パートナーの親友の誕生日にプレゼントで購入したことがあったので、よく目にしていたのですが、自分用に購入するのは初めて。知的でおしゃれな人が読んでたら様になるけど、ぼくじゃなあと思っていつも遠巻きにみていた雑誌です。購入したキッカケはその特集内容です。「ファミリー」と書かれていました。その下には“家族とは血縁関係を超越したもの。だから、血の繋がりではなく、誰と繋がっていくかということが大事”。気になるキーワードがいくつも散りばめられていたので、迷わず購入してしまいました。

そういえば、パートナーの親友のプレゼントに「KINFOLK」を選んだときも、特集のキーワードが彼女に合いそうだったから二人で選んでたよなと、思い出しました。言葉の力って強いとあらためて思いました。ちなみに迷わず購入できたのは、現在、ぼくが抱えているテーマにはまっていたからです

「KINFOLK」はアメリカのポートランドで創刊したライフスタイルマガジンです。タイトルの意味は、家族や一族、血縁など示す古い英語だそうです。ロシア語版、韓国語版、そして日本語版と世界的に需要がある雑誌です。世界の人(人間)が共通して感じるテーマを扱っているのだろうなと思います。



さっそく自宅でゆっく読みました。すごく読みやすくて、内容も充実していて面白い雑誌でした。すごくいいって思えました。様々な角度から「ファミリー(家族)」を軸に、いろんな話が散りばめられていて、読み終えた後、固定概念の家族像から少し開放された気がしました。血縁の家族以外に、家族に等しい存在が必要だとずっと思っていたので、「働き方」「家族のあり方」について、思考の幅が広がって勇気づけられました。

“The Families
We Choose

完璧な家族など存在しない。
どのような家族に生まれようと
自分で新しいメンバーをどんどん追加していくことができる。
血縁者でもそうでなくても家族になることができるのだから”

特集の入り口は “家族の価値”から語られています。2013年度におけるアメリカ世帯で子どものいる夫婦は19%。その他の81%は大切な存在と婚姻関係にないというのが現状だそうです。そんな時代における“家族”というものとは何のか考察しています。

印象に残った言葉は、

“家族とは、お互いを思いやる人々でできたネットワーク。
人は家族というネットワークの中に生まれたり、自分のネットワークを築き上げたりする。
人数は100人でもふたりでもいい。
家族の本当の価値とは、一緒に暮らしているとか
どのくらいお互いをよく知っているかということではない。
大切なのは、どのくらいお互いを思いやれるかということ”

他にも家族写真を切り口にした内容や、旅を切り口にしたものなど、どれも共感することができました。


ぼくにとっての一番の家族はパートナーです。そして彼女を支えてくれる彼女の友人やぼくの親友たちも大切な家族なんだと思うと、定期的にみんなと家で食事をしたくなりました。人を招いて食事をするなんて、人付き合いが上手くないぼくには到底思いつかないことだったけれど、この特集を読んで少し意識が変わりました。

大事にとっておきたい一冊です。



camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-1


ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


posted by pen at 02:14 | Comment(2) | Recommend | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
稚拙なブログに訪問ありがとうございました。
あしあとがありましたので訪問させていただきました。
シンプルなのに雑誌のページを見ているような感覚にとらわれる
ステキなブログですね。
爽やかな気分で自分のブログに戻ります(笑。
Posted by aquarius at 2015年09月06日 15:16
aquariusさん

はじめまして。こちらこそ、ご訪問ありがとうございます。
爽やかな気分になってもらえる言ってもらえると、とても嬉しいです。
ありがとうございます。
Posted by PEN at 2015年09月06日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]