2015.08.01

「ドラえもん」をいつも傍に置いてくれていた父親に感謝


細田守監督の映画が好きで、最新作「バケモノの子」を観たのですが、エンターテイメント性があって、楽しいだけじゃなく親子の絆、親子でなくても築いていける絆や人との繋がり等、意識させられることなどもあり、いい映画だったなーと感動して帰ってきました。親子で観に来られている方が多かったので、子どもの頃からこんな映画に触れることができるって羨ましいなーと思いました。

でも自分の子どもの頃を振り返るとやっぱりおんなじように色々なことを教えてくれた映画や漫画があったなーと思いだしました。

実家に帰るとコミックが全巻並んでいる「ドラえもん」です。もうぼろぼろになって色褪せて、ページをセロハンテープで繋ぎあわせて、そのテープも変色してしまっています。それでも捨てずに置いているのは、大切なお気に入りだからです。



子どもの頃なので、何をキッカケに読みはじめたのか覚えていませんが、よく読んでいました。買ってほしいと頼んだこともなく、気がつくと父親が買ってきてくれてたような気がします。特にドラえもんの大長編が好きで、いつも読み返していました。大長編は、映画化される原作となるストーリーで、夏休みに楽しめる冒険モノです。もちろん映画も見逃しません。恐竜が生きている時代や、宇宙に海底や地底、魔法の世界でドラえもんとのび太と仲間たちと一緒に冒険を楽めます。ぼくの場合、楽しんでるってもんじゃなかったと思います。ドキドキわくわくハラハラで読み進めていたように思います。なかでも「のび太と海底鬼岩城」が大好きで何度も読み返しました。

今は人間ドラマやサスペンスやミステリーものが好きですが、子どもの頃は、ドラえもんがキッカケで小学生の高学年になっても映画や読む書籍は、冒険ものやファンタジーを好んで観ていました。ネバーエンティングストーリーやラビリンスはすごく好きで、すっかり空想好きになって、自分で漫画を描いてみたり、小説まがいなものを書いてみたりして、弟や友達に読んでもらったりと楽しんでいました。とにかく何かに刺激を受けたら、それを自分も表現したくなるクセがあるようで、器用にやってたなーと自分のことながら感心してしまいます。

ぼくには子どもがいないから、なんとも言えないところもあるけれど、子どもの頃にドラえもんのような冒険やファンタジーに触れさせてくれた父親のようになりたいなーといつも思います。

よく母親が漫画ばっかり買ってきてとか、父親に言ってたような記憶がありますが、ぼくは父親に感謝しています。少年漫画は、普段の生活の中じゃとても恥ずかしくて言えない「友情」や「仲間」や「愛」について主人公や登場人物が、普通に言葉にして伝えてきてくれます。ドラえもんとのび太と一緒に冒険することで、ぼくは仲間や友情の大切さに少なくとも触れることができました。ドキドキわくわくする世界観を創ることの楽しさにも触れることができました。そのおかげかどうか別として、世界観をつくりあげたり、人をつなげていくことが今のぼくの仕事だったりします。最初にのめり込んだものがドラえもんじゃなかったら、どんな仕事をしてたんだろうと思います。

とはいえファンタジーだけでなく、現実の厳しさもある時期からしっかり学んで、経験しておかないと大人になってからビジネスマンとして大変な目にあうことも学びました。それもしっかりと子どもの頃にインプットしておいてほしかったなどと、父親に思うこともありますが、完全に自分の責任です。

そんな父親も、もう、どう見ても外見はお爺ちゃんです。腰も少し曲がってきています。これでもかと言わんばかりに背筋がキレイに伸びて、キビキビと歩いていたのに、杖を付きながらトボトボゆっくり歩いている父親をみると亡くなったお爺ちゃんに似てきたなーと思います。少し前に親戚のオジサンに聞いたことですが、うちの父親も小学生の頃、漫画を描くのが好きで、たくさん描いて遊んでいたことを知りました。全く知らなかったので、ああ、やっぱり親子だなあと、少しだけ嬉し恥ずかしくなったのと、遺伝子って凄いと思いました。

camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-


ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

posted by pen at 13:46 | Comment(2) | Recommend | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PENさん♪こんばんは(*^_^*)

ドラえもん!!いいですね〜〜♪
お宝ですね!!
本では見てませんが、ビデオで子どもたちと何回も観たものです
私も「のび太と海底鬼岩城」がいちばん好きです

「ネバーエンティングストーリー」も大好きですよ〜(*^_^*)
今でも1人で観てます♪音楽も好き
「グーニーズ」も好き

お父さまと一緒のときお誘いして絵を描いてみたらいかがですか?(*^^)v
楽しそう♪
Posted by Deux Roses sako at 2015年08月02日 19:59
sakoさんへ。こんばんわ。

「ネバーエンティングストーリー」の音楽もいいですよね!

「グーニーズ」もぼくも好きです。
発明家の少年が大好きでした。

何かの機会に絵でも描いてみないか誘ってみます。
かなり気恥ずかしいですが(^_^;
Posted by PEN at 2015年08月04日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]