2015.07.05

気を緩めている場合じゃないぞと気持ちを引き締める


数年前にフェイスブックで話題になったという「正藩語録 」。知人から教えてもらったのですが、やっぱりそうだよなと読みかえす度に思ってしまう言葉です。

 正藩語録

実力の差は努力の差

実績の差は責任感の差

人格の差は苦労の差

判断力の差は情報の差
真剣だと知恵が出る

中途半端だと愚痴が出る

いい加減だと言い訳ばかり
本気でするから大抵のことはできる

本気でするから何でも面白い

本気でしているから誰かが助けてくれる  


とくに意識してしまうのは、「判断力の差は情報の差」コレ以上になく身にしみます。「真剣だと知恵が出る」本気で解決したいなら、考えることをやめないことだといつも思います。「本気でしているから誰かが助けてくれる」。見ている人はちゃんと見てくれている。誤魔化したりしないで真っ直ぐに取り組みたいといつも思います。

誰が発信したものなのか、人伝手に改編されているとか、色々あるようですが、
背筋を正したくなることに変わりないものだと思います。

あらためて背筋を正したくなり、今日、読み返してみました。そして、気を緩めている場合じゃないぞと気持ちを引き締めつつ、頭を整理したくてお昼寝させていただきました。



camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ



タグ:正藩語録
posted by pen at 01:23 | Comment(0) | Thought | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]