2015.05.24

自転車通勤をすることになり、クラシカルなクロスバイクを購入。



ずっと電車通勤をしていたのですが、自転車通勤にシフトすることにしました。健康に良いからとか、流行りだからとかでしたら、前向きで楽しそうなのですが、パートナーからあなたのお腹がでてきている、だらしないから早々に修正しなさいとイエローカードの司令がくだされ、自転車通勤をすることに。放置してベルト上にお腹がのっかりでもしたら、レッドカードです。

ベルトの上にのっかるまで、まだまだほど遠いですが、確かに出てきています。でも、これは腹筋が齢とともに緩くなっただけで、食べ過ぎ、不摂生ではないですよ。食べるもの、飲み物には、注意していますよ。夜中遅い時は、おかずだけにしてご飯を抜いているし、野菜を多めにとるようにしているし、ご飯は最後に食べるようにしているし、「だらしない」ことはしていませんよと心の中で反論しつつ、見た目がもの語っているので、反論できません。

では、修正方法をどうするかという話になりました。過去マラソンや、ウォーキングをしたこともありますが、続きませんでした。そんな中、パートナーの友人の旦那さんは、ロードバイクに乗って一時間半かけて出勤しており、身体が引き締まったとのこと。確実に成果がでている事例を採用することにしました。通勤しながら、身体が引き締まるならと、しぶしぶ承諾。

しぶしぶの理由は、通勤電車の移動時間で、仕事の為の情報収集をすることが日課だったので、その時間を奪われるのが、めちゃくちゃ嫌だったのです。仕方ないので、何かを削ってその時間を確保することに。気をとり直して、自転車通勤を楽しむ方に気分を切り替えることにしました。

まず、自転車選びを始めました。身体が引き締まったその旦那さんは、ロードバイクだからこそ身体を修正できたのではとロードバイクなど調べていくと、どうやら普段使わない筋肉を使うようです。ということは、少なくとも自転車の構造がロードバイクでないと効果がでないのではと思い、パートナーにロードバイクの購入を提案。ふたりの価値観の範囲で高額でなければ、オッケーということになり、価格とスペックとデザインを絞っていくことにしました。いろいろ検討した結果、英国のメーカー「Raleigh(ラレー)」のRFC Radford Classic(ラ フォード・クラシック)に決定。



選んだ理由ですが、通勤することがメインになりそうですし、プロでも趣味でもないので、スペックには無頓着でいいと決めました。正直何がどういいのかなんてわかりません。ただ、スポーツ系より普段着的なデザインがいいよなと思いクラシックなデザインを探しました。そしてロードバイクに近い構造でないと身体の筋肉の使い方が変わらないので、それも外せません。いろいろ見比べた結果、クロスバイクにあたるのでしょうか、Raleigh(ラレー)」のRFC Radford Classic(ラ フォード・クラシック)にしました。

Raleigh(ラレー)は、127年の歴史ある英国の老舗自転車メーカーです。1888年、自転車の良さ、素晴らしさを知ったフランク・ボーデン氏が創業。その後、世界の自転車のスタンダードとして、ブランドを築き上げ、ツールドフランス優勝を始め、サイクルスポーツの一角を占めました。現在までの販売実績は2億6千万台、世界の各国で販売されています。その販売方法も、多くのグローバルブランドが世界共通仕様で展開される中、ラレーでは各国市場に合わせた自転車を提供し、ヘルシー・スポーツ・モビリティといった自転車の素晴らしさ、英国のプラグマティズム(実用主義)のコンセプトとして、現在でもすべてのモデルに引き継がれているそうです。



という理由で、購入する自転車が決まりました。次に気になったのが、服装です。行きと帰りの行動パターンが変わるので、いつもの服装で大丈夫なのかと気になりました。みんなどうしてるのだろと調べたところ、ロードバイク、クロスバイクに合わせた普段着ファッションもあるみたいで、安心しました。


ロードバイクのメンズファッション!おしゃれに街乗りしよう



[スパッツ禁止!?]ロードバイクで街乗りできるファッション!



[ロードバイク]かっこいい・かわいいお洒落なヘルメット[自転車]


よりスタイリッシュに。より快適に。


スポーティーなヘルメットが苦手というあなたへ・・女性にもオススメしたいおしゃれな自転車ヘルメット



乗り方や、手入れの仕方なども調べ終えたところで、最後に交通ルールやマナーに時間をかけました。
それなりのスピードで車道を生身で走ると想像してみると、危険極まりないですし、マナーが悪いとお叱りの記事などもあったので、入念にチェックしました。何にイラッとさせられるのか、どんな場面で事故を起こしやすいのか、情報収集。車道の交通ルールは徹底しているので、まだ安心なのですが、歩道は普段意識していなかったぶん勉強になりました。

購入後、さっそく休日に試験的に通勤路を走ってみました。デコボコの嫌な歩道もあれば、狭い車道もあったりと気をつけないといけないポイントが出てきます。道選びは今後の課題です。そして、なにも意識せずに走るとだいたい片道40分程で通勤できそうでした。乗り方やスピードの出し方など勉強していけば、10分は圧縮できるんじゃないかと思います。

初めて乗ってみた感想は、とても快適です。すごく走りやすいし、スピードもあります。そして軽い。スピードを重視すれば、それなりの運動量、身体の使い方も変わりそうなので、お腹を引き締める目的は達成できそうです。

購入その後の記事はこちら






camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-1

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

posted by pen at 03:00 | Comment(0) | Cycling | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]