2015.05.02

初心に戻って、観察力を鍛えていきたい。



高校時代に、半年だけ絵を学びに行ったことがあります。結局、何にも身につけられなかったけれど、その時に学んだデッサンの考え方は、社会人になってから役立つようになりました。描く方法なんて色々あると思うので、その方法が正いかどうかの判断はできませんが、ぼくの場合、ハマりました。

当時通っていた絵の教室は、上手に絵を描ける「技術」みたいなことは一度も教えてくれませんでした。「描き方」なんて学びだしたら、何年もかかるよと言われた記憶があります。そこで徹底して教わったことは、絵を描く訓練ではなく「観察力」をつける訓練でした。目の前の対象物を正確に理解すること。芸術的な表現力、感性は必要ありません。だから描いた絵に対して、上手いとか下手とかそんな評価もない。どれだけ目の前の対象物から情報を引き出せるようになったのかがポイントでした。

目の前のモノをちゃんと理解できれば、その対象物のカタチ、質感や量感は、必然的に描けるでしょう、というものです。極論、理解できた情報があるのなら描かなくていいよ。でも理解した情報を客観的に人に知ってもらうには描いた方がいいよね。ってことでした。



今でこそ、なるほどなっと思いますが、お気楽な高校生活をおくっていたぼくには、全く理解できませんでした。むしろ、こんな感じ?っていう意識で描いていました。だから怒られる。分かったつもりで、「こんな感じ」のお絵描きをしてたら、いつまでたっても良質な情報は入ってきませんよ。「恥の上塗り」はやめましょう。知ったかぶりしないで、本当に理解しようと思えば、情報はどんどん入ってくるもんです。その成果はちゃんとデッサンにでてきますよと。



これって絵を描くための心構えみたいなモノだと思っていたけれど、絵のことだけじゃなく、いろんな事に言えることだなと思いました。高校時代は、描く対象物がコカコーラの瓶だったけれど、社会にでたら、対象物は、モノだったり、人だったり、組織だったり、空間だったり、建物だったり、街だったり、地域だったり、いろいろあります。その対象物のことをしっかり理解していないと、仕事にならない。何をするにも「観察力」は必要だと思えました。



そんなことを思うと、あの時教わったことは本当に面白いし、役にたつことばかりだったなとつくづく思います。覚えている限りあげてみると、鉛筆を手にしていきなり画用紙に描き始めることを注意されました。本当に理解したか?理解してから手を動かしなさい。なんとなく手を動かすのは非効率だ。基本動作は、観察して、理解して、描いてみて、見なおして、修正して、の繰り返しだけです。

対象物を理解する為のコツも教わりました。目の前にある一塊をいっきに理解しようとするのではなく、この一塊は、いくつかの群の集合体であり、その群もいくつかの部分の集合体だとしたら、情報量が少ない部分から理解していけばいい。見た目の輪郭から描き出すのではなく、中身を理解しなさい。中から理解していけば、輪郭は必然的に見えてくる。

ピカっと光っているのか、鈍く光っているのか、その光の周りの色調の変化を知ることで、素材の質感が理解できる。一般の方が9段階の色調しか理解できないとすれば、プロなら27段階まで見極められるようになりましょう。

目の前の対象物の一番明るい部分、一番暗い部分は、隣に別の対象物か置かれた瞬間に一番ではなくなる可能性がある。常に相対的に考えなさい。

制限時間内にどれだけ、「✕」をみつけて「◯」に替えていけるかが勝負。「✕」を「✕」のまま残しておいても最後に「◯」にはならない。

アウトプットされるものは、水面に少しだけ見える島のようなもの。その水面下に膨大な情報が隠れている。観察していけば、本質が見えてくる。



20年くらい前のことだから、全部を思いだせないれど、こんなことを毎週聞かされていたなーと懐かしく思ったのと、今の自分の仕事に置き換えたてみて、ちゃんとできてるかなとも思いました。ちゃんと目の前のものと向き合い、課題の本質を見極めて、問題を解決していけてるだろうか。小手先の技に無意識に頼ってないだろうか。「✕」を見て見ぬふりしてないだろうか。

質の高い仕事ができるように初心に戻って、観察力を鍛えていきたいと思いました。

camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


posted by pen at 21:51 | Comment(2) | Thought | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観察力って写真を撮る時にも当てはまりますね。
私は撮りたいと思ったのをちょっと間見てから撮影してます。
やみくもにパシャパシャと撮らないですね〜
花でもどう撮ればこの子を活かせるだろうと考えます。
腕が・・・なので気持ちだけでもですが(~_~;)

美術館賞も構図に役立ってますね〜(^.^)
Posted by *yoshimin* at 2015年05月03日 09:30
yoshiminさんへ

お返事遅くなりました。コメントありがとうございます。
そうですね。写真を撮る時もじっくり観ていたりしますね!

Posted by PEN at 2015年05月10日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]