2015.04.19

大阪 京阪私市(きさいち)の大阪市立大学理学部附属植物園で森林浴をしてきました。



最近どっと疲れが溜まっていたので、休日は森林浴に行きたいなと思い、なるべく時間をかけずに木々に囲まれた場所に行ってみようと、以前から気になっていた植物園に行ってきました。

その場所は、京阪私市(きさいち)駅から徒歩数分でいける大阪市立大学理学部附属植物園。京橋から京阪本線特急で出発し、枚方市駅乗り継ぎで30分ほどで行ける場所です。しかも万博公園や鶴見緑地公園よりも、自然の山にちかい構成の植物園なので、ハイキング気分で森林浴が可能です。



大阪市立大学理学部附属植物園は大阪の生駒山系の北西部、標高40〜120mに位置します。昭和25年に大阪市立大学理工学部附属の研究施設としてはじまり、植物学の基礎研究の対象として多くの植物の収集と保存をしてきた歴史ある植物園です。とくに日本産樹木の収集に力をいれ、野外で生育可能な約450種を植栽。日本国内の代表的な11種類の森の型(樹林型)を復元しているとのこと。

さっそく園内を散策してきました。入場すると受付にて当日付けで「お薦めコース」が記されたMAPが手渡されます。季節ごとの見どころではなく、当日の見どころコースを紹介してもらえるなんて、ありがたいです。そして園内のスタッフの方は、どなたも気持ちのいい笑顔で挨拶をしてくださいます。それだけで来てよかったと思えてしまいます。

お薦めコースは、約1時間30分程度で周れるようになっています。コースの中は、セコイヤやクスノキなどの大木を鑑賞でき、季節の花木も楽しめます。大きなクスノキを鑑賞しながら、お弁当をいただきました。





昼食後、サクラ山エリアを通り、キレイな八重桜を観つつ、園内を散歩。しかし、タイミングの悪い時期だったのでしょうか。ブンブンとけっこうな数の虫が飛び交っており、常に腕を振り回すはめに。理想的な森林浴にはなりませんが、せっかく来たので園内を楽しく散策することに。







園内の中で、お気に入りのスポットは、ユリノキ広場と外国産針葉樹木園、タブ型照葉樹林周りでした。映画のワンシーンのような場所です。外国産針葉樹木園はスギ科メタセコイア、セコイア、ヌマスギ、スイショウなどが植えられています。園内のところどころには、まだ白いサクラも咲いていて、淡い緑の葉と白いサクラがとても美しかったです。















最後に、クヌギ、コナラ、アベマキ、シデ類で構成されている温帯南部型落葉樹林を通って、園内を後にしました。こうやっていろいろな植物や樹木を観ていると、自分の植物への無知さ加減が悔やまれます。知識があって観ると見所満載なんだろうなと思いました。







後半は、植物園の外の天の川周辺を散歩。ご近所の方らしい人たちが、思い思いにくつろいでいました。ここで昼寝すると気持ちよさそうです。私市駅周辺は、植物園以外にも楽しめる場所がまだありそうなので、次に訪れる時は、そちらにも行きたいと思います。









camera:GR DIGITAL2
GRトラックバック企画:「草木」に参加

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ




posted by pen at 04:50 | Comment(4) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PENさん♪こんにちは

お疲れが溜まっておられたのですね(>.<)
森林浴で元気を取り戻せましたか〜?

拝見した私は〜虫も飛んでいないので・・笑
思いっきり癒やされましたよ〜♪
ありがとうございます(*^^)v

緑とサクラと光と影が
本当に美しいです

あまり無理されませんように。。

Posted by Deux Roses sako at 2015年04月19日 18:34
sakoさんへ

こんばんわ。

土と樹と緑の香りを
おもいっきり吸ってきたので、
気分転換になりました。

少し落ち着いたので、
今月は心身ともにメンテナンスしたいと思います。
Posted by PEN at 2015年04月19日 23:18
ここは名前は知っていたのですが、訪れたことがありませんでした。
とても気持ちの良い場所のようですね〜
かなり行ってみたくなりました(^.^)
これから新緑の季節、ますます緑が綺麗でしょうね〜
近所でも緑の香りがしだしたので初夏が来ますね。
虫対策はしないとですね(^-^;
Posted by *yoshimin* at 2015年04月20日 15:32
yoshiminさんへ

こんばんわ。

とても気持ちがよかったです。
あと日焼け対策も必要ですね。
すこしだけ日焼けしてました(^-^;
Posted by PEN at 2015年04月21日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]