2015.03.22

港と街を直接つなぐ鮮魚取引所「中之島漁港 FISHING PORT」に行ってきました。




寿司、お刺身が大好きです。新鮮な魚が食べたい、食べれるということで、ニュースなどで話題になっている先月オープンした「中之島漁港」に行ってきました。

場所は、大阪 中之島GATEというエリアみたいですが、どこ?と思って調べてみました。中之島の西部から安治川の最上流部周辺のエリアとのこと。安治川?って。。。大阪の川と聞いて淀川と大和川しかイメージできないレベルですみません。安治川を調べてみると、大阪市中央卸売市場前の川が安治川です。安治川は、木津川、土佐川、堂島川が合流して安治川となり、海へ流れていきます。ちょうどその合流する辺りに中之島GATE特設船着場と大阪市中央卸売市場前港があります。なるほど、海に直結していて、獲れたて活き活きの魚が食べれそうな場所にあります。しかも梅田や本町のビジネス街からもほどよい距離にあります。まさに「港と街を直接つなぐ鮮魚取引所」だなと。


AQUA METROPOLIS OSAKA より

ちなみに中之島GATEは「インナーベイ・マーケットリゾート」をコンセプトに掲げ、食のエンターテイメントと、水と光の移ろいを楽しむ都心の水辺生活の創造を目指した事業とのこと。安治川左岸の大坂税関富島出張所跡地周辺を「中之島GATEサウスピア」、右岸の大阪シティ信金ロード周辺を「中之島GATEノースピア」と呼ばれています。この中之島GATEプロジェクトは2012年から2013年をステージ1として、イベント等による魅力づくり。2014年から2019年は民間事業者による暫定利用、2020年以降は全体の開発とエリアマネジメントをテーマにしているそうです。確かに、ここ数年、水都大阪フェスなどいろいろイベントしていますね。今回の「中之島漁港」も民間企業の複数年活用が実現するということですので、ステップ2が動きだしているようです。



本題の「中之島漁港」にお昼前に到着、すでに行列ができていました。家族ずれ、老夫婦、カップルに友達同士、みなさん早くから並んでいるようです。この中之島漁港は「中之島FISHING PORT」と「中之島みなと食堂」のふたつの施設で構成されています。



中之島漁港の特徴は、毎日全国から旬の魚が「活魚」の状態で入荷され、都会にいながら漁港と同じ品質の新鮮な魚を購入できます。どの産地の魚がやってくるのかというと、北海道、宮城県、三重県、鳥取県、兵庫県、宮崎県、鹿児島県と北から南まで集結しています。





「中之島FISHING PORT」では、大型の「いけす」が設置されており、元気に泳ぐ魚を眺めつつお買い物ができます。鮮度、品質、手頃な価格で提供されています。飲食店やこの周辺の方には嬉しい場所になるのではと。近所にこんな場所があったらいいのにーと羨望の眼差しで観ていました。



観ていると当然お腹がすいてきます。もうお昼。さっそく食べようということで「中之島みなと食堂」へ向かいます。みなと食堂では、丼系と浜焼きの2つが楽しめます。ニュースを見て分かっていましたが、待ち時間120分!?並ぶのが嫌いなのですが、仕方ありません。ここまできたからには待ちます。待っている間デッキをぶらぶらしながら休憩。

120分まちを覚悟しつつ、まちくたびれたのか名前を呼ばれても来ない方もちらほら、5回呼ばれて、来ない方はスルーされます。辛抱強く待った人が美味しい魚をいただけます。でも飲み物を頂きながら、おしゃべりしながら待つことはできますが、せめて待ち時間に中之島漁港についてや、中之島GATEのことについてや、スーパーで購入する魚とここで味わえる魚の鮮度の違いなど、せっかく来たのだから知って得した気分になれる情報を提供してほしいなーと思いました。

そして待つこと60分、思っていたより早く順番がまわってきました。中は浜焼きのいい香り、昼間からお酒を飲んで、みなさん賑わっています。入るまえから決めていたメニュー「日替わり海鮮丼」と「ぶっかけ漁師丼」を注文。コレ以上になくプリプリの食感でした。丼に盛られたたくさんのお刺身を美味しくいただきました。満足です。


walker plus「大阪・中之島漁港はまさに“魚のテーマパーク”」より


walker plus「大阪・中之島漁港はまさに“魚のテーマパーク”」より

魚のテーマパークや行列ができるなどで、「中之島漁港」の最初の印象はもっとお祭り感があるものなのかなと思っていたのですが、お祭りというより、近所になんか知らんお店ができたような、これからこの地域に馴染んでいく場所がひとつできたような、そんな場所でした。ここから梅田や本町に向かって魚介を扱う飲食店がどんどん出店してきて、都心なのに港界隈のようなエリアが出来上がってくるのかなと、想像すると楽しみです。



camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ


posted by pen at 15:22 | Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここ、めっちゃ行ってみたくて気になってました!
早速行かれたのですね〜
やはり人は多いですね…
私も待つのは苦手で120分ですか、、、
でも60分も短縮されるかもならば行ってみようかな。。。
丼のお値段はおいくらぐらいでしょうか?
それにもよるなぁ(~_~;)
Posted by *yoshimin* at 2015年03月23日 16:00
yoshiminさん

ぜひ行ってみてください!中之島漁港だけに絞って行きましたが、
卸売市場や中之島も散歩コースにして出かけるといいと思います。

丼のお値段は、

ぶっかけ漁師丼 900円
日替わり海鮮丼 1,500円
鉄火丼 1,000円
九州名物ゴマサバ丼 800円
豪快ぶつ切りマグロ丼 2,000円

こんな感じです。


Posted by PEN at 2015年03月23日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]