2015.01.24

「アートアクアリウム展〜大阪・金魚の艶〜」で、非日常な空間を楽しんできました。

アートアクアリウム

「アクアリウム展」にいってきました。会場は阪急うめだ本店9階阪急うめだホール。阪急百貨店の9階に上がると、巨大な広場が広がるフロアになっており、いつきても解放的な気分にさせてくれます。祝祭広場では、「mtマルシェatうめだ阪急」が開催されていました。カラフルなマスキングテープが展開されている中、目的の会場へ向かいました。その日は、日曜日でしたのでけっこう並んでいるんじゃないかと心配していましたが、スムーズに入ることができました。

アクアリウムという言葉は、聞いたことはありますが、何のことなのか全く知らなかったので調べてみると、日本では特に観賞用の熱帯魚や水草など飼育・栽培する為の環境を指すことが多いらしいです。そして今回「アートアクアリウム展」の総合プロデュースをされているのが、木村英智さん。この方の事もよく知らないもので調べてみました。

木村英智さんについての参考サイト
H.I.D.INTERRAQTICA
リクナビNEXT

プロデューサー、アーティスト、デザイナーを職種にされているようですが、熱帯魚販売店の事業から観賞魚トレーディング事業を経て、「アート」「デザイン」「インテリア」を融合した「アートアクアリウム」という分野を確立されたようです。アーティストを目指していたわけではなく、ビジネスマンとしてスタートして、試行錯誤しながら独自のビジネスモデルを構築した成果が「アートアクアリウム」。ビジネスマンがアーティストだなんて!表現力、プロデュース力に加えて、ビジネス感覚があるって本当にすごいなぁと思いつつ、初めて観る「アートアクアリウム」に期待が湧きます。

今回の「アートアクアリウム」のテーマは、「大阪・金魚の艶」。江戸時代に日本の生活に根差した文化として花開き、日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合した水中アート展ということです。会場では、嬉しいことに撮影オッケー。ただしフラッシュと動画撮影がNG。マナーを守りつつ会場内にお邪魔しました。


アートアクアリウム

アートアクアリウム

アートアクアリウム

すごく素敵な空間でした。普段の生活なら普通の水槽なのですが、暗闇の中で光と闇の演出を加えることで、まるで「立方体に切り取られた水」が宙に浮いていて、その水の中を金魚が遊泳しているように見えます。そこには、日常、目にする水槽や金魚の姿はなく、非日常的な空間に妖艶な魚が揺らいでいる感じです。テーマパークにいる感覚で作品を観ることができます。

アートアクアリウム

アートアクアリウム

アートアクアリウム

次にクラゲ。なんで急にクラゲ?金魚で統一した方がいいなじゃないのかと思いましたが、今回の展示は欲張りな企画のようです。レーザー光線?が何本も水の中を貫いていて、その中を無数のクラゲが泳いでいます。光線に透かされるクラゲがカラフルで、浮遊している姿が宇宙チックでかわいい。印象としてはゆったり流れにまかせているようなクラゲですが、おそらく水槽の中で水の流れをコントロールしているのでしょうか。クラゲが飛び交うように水の中を浮遊していきます。とても綺麗な演出でした。

アートアクアリウム

アートアクアリウム

その奥には、大きな屏風の中を上下に泳ぐ金魚たち。日本の四季をテーマにしたビジュアル映像が屏風型の水槽に投影され、普通は静止画でみる屏風の中の絵がゆったり心地よく動いているような感覚で観ることができます。会場では、金魚の歴史についても触れられていました。中国で西暦3〜4世紀頃、突然変異した黄赤色のフナが「金魚」の起源。1500年前の中国では飼育されていたようです。日本へは室町時代に大阪府堺市に渡来し、江戸時代後期には一般の町人たちの間で飼育されるようになったようです。

アートアクアリウム

アートアクアリウム

アートアクアリウム

アートアクアリウム

アートアクアリウム

さらに奥には、いろいろなテーマでデザインされた水槽と金魚達がお出迎え。ものすごく色気のある空間が展開されていました。和のテイストと妖艶な感じと豪華絢爛さがすごく合っていて、なんだここは?と思ってしまいます。久しぶりに刺激的でした。今回のテーマに限らす「アートアクアリウム」をもっと観てみたいです。

アートアクアリウム

camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ

posted by pen at 17:14 | Comment(4) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PENさん♪こんにちは

ちょっと前にブロ友さんがupされてたのを見て
すご〜〜い!!(≧∀≦)と思ってましたら・・
PENさんも行かれたのですね〜!

幻想的で・・すばらしい!の一言です(*^▽^*)
どの画像もきれい〜〜↑↑
アートですね〜
Posted by Deux Roses sako at 2015年01月24日 18:41
sakoさん

こんばんは。

実は、ブログの記事を拝見して行ってみたい!と思い
行ってきました。たぶん同じ方のブログだと思います。

なぜかと言うと栞られにdeux roseseさんのアイコンをお見かけしたので、
「あっ」と思いました (^^;)

関西圏をいろいろ紹介されているので拝見させてもらっています。
Posted by PEN at 2015年01月24日 20:55
PENさん、こんばんは
水と光のゆらゆらを見ていると気持ちいいですよね
非日常の空間を体験するとエネルギーの補充が始まって
すぐに満タンになります
いいなぁ。。。
あたしにとっての最近の非日常の空間は
去年買った万華鏡の世界です(笑)
Posted by デリコ at 2015年01月29日 17:54
デリコさまへ

水のゆらゆらした光は、本当に気持ちがいいですね。

万華鏡といえば、下から2番めの写真にいくつも三角柱が挿入されている水槽があるのですが、それ、万華鏡です。金魚くんが鏡の側を通ると綺麗な模様になります。とてもキレイなのですが、金魚くんがよこぎってくれないとただの無色透明の三角筒です(^^;
みなさん横ぎるまで粘り強く覗いていました。
Posted by PEN at 2015年01月30日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]