2015.01.10

お気に入りの映画「ELIZABETHTOWN(エリザベスタウン)」

2年前、いつも頭の中がすっきり整理されている状態にしたいと思い、あんまりモノをもたないで、シンプルな生活空間にしようと決めました。そのひとつとして、無駄に多い映画DVD、音楽CD、書籍を95%処分しました。今もそれは継続中ですが、一枚だけ手元に残ったお気に入りの映画DVDがあります。

ELIZABETHTOWN(エリザベスタウン)

なぜだか毎年1回は見てしまう作品。オーランド・ブルームキルスティン・ダンスト出演の「ELIZABETHTOWN(エリザベスタウン)」。リアルタイムでは見たことがなく、たまたまケーブルテレビで放映されているのを見て、気になってDVDを購入しました。さらに音楽も素敵で、サントラも購入しました。収録曲はどれも好きです。



ELIZABETHTOWN SOUNDTRACK(Full Album - Vol. 1 & 2)

パッケージには、ロックとロマンチック・コメディを見事に調和させたキャメロン・クロウ監督とあります。主人公ドリュー・ベイラー(オーランド・ブルーム)は有能はシューズデザイナー。ある日、巨額の資金を投じた一大プロジェクトに失敗して、会社を解雇されます。そんなドリューに追い討ちをかけたの父親の死。葬儀のために故郷エリザベスタウンへ向かうドリューは、旅の途中でクレア(キルスティン・ダンスト)と出会います。彼女は底抜けにポジティブな性格の持ち主で、失意の中にあったドリューは、クレアに導かれるままに、生きることの意味と、愛とは何かということを学んでいきます。

冒頭は、会社を解雇され、自殺を図る展開から始まりますが、コメディの要素があるので、会社を解雇されるプロセスやその会社の社長の無責任な発言などリアリティがないので、そんなわけないだろうと思ってしまいますが、コメディと思ってみれば、気にならない展開。最初はそんな感じで見ていたのですが、主人公ドリュー・ベイラー(オーランド・ブルーム)が故郷のエリザベスタウンに向かい、飛行機に搭乗するシーンからすっと物語にはいっていけました。

何がいいかというと何がいいのか具体的に答えられません。すごく私的な感想ですが、主人公がエリザベスタウンに向かうシーンから、ただただ、この映画の映像と流れてくる音楽と、物語に引き込まれて、心から落ち着いた気分になっていきます。

国も風習もストーリー展開もなにもかも今の自分とはかけ離れているけれど、すごく懐かしさ的な何かを感じます。ひさしぶりで懐かしいな−って感じの懐かしさじゃなく、言葉で表現しにくいです。このブログにコメントを書いていただいているデリコさんのお言葉を借りるならタイムスリップしたような感覚です。

この映画をみている時は、今じゃなく過去のどこかの時間軸にいるような感じになります。その感じを味わいたくなる時があり、そん日はエリザベスタウンを見ます。映画を見るぞというモードでなく、映像と音楽と物語をただただ流し見している感じです。メッセージを受け止めるでもなく見るでもなく、どこかの時間軸に身をおいている意味不明の数時間を楽しみます。

この映画の中で、クレアが主人公に自分でセレクトした音楽CDを手渡すのですが、そういえば、自分が好きな曲や手渡す相手をイメージしてセレクトした音楽を小学生の時はカセットテープ、高校生の時はMD、それ以降はCDに録音して、ジェケットを手作りして人にプレゼントしてたなーという懐かしい記憶発見もありました。

すごく私的な楽しみ方をしているので、何がいいのやらと共感してもらえないのですが、
心がおちつき、少し元気になれる大切な映画です。いつまでも持っておきたい作品です。

camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-1

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

posted by pen at 11:17 | Comment(9) | Recommend | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

現在の自分が体験していないようなことを
映像や音、匂いなどによって遠い過去の出来事と繋がっているような
理由のつけられない思いに支配されたりすることがあります
きっとそれは「いのちの記憶」がなにかに触れて
目覚めるのではないでしょうか

タイムスリップする感覚は
探そうと思っても見つかるものではありません
だけど、見つけるとなんだかとっても嬉しい気持ちになります
「気がついてあげれたよー」ってね(笑)
Posted by デリコ at 2015年01月11日 13:35
デリコさま

こんばんわ。
「いのちの記憶」っていい言葉ですね。
貴重な体験をしているような気がします。

僕の意識外のところで、遠い記憶をもっている細胞?たちが
ここ、覚えてる?なっつかしぃなーって言っているような気がしてきました(笑)
Posted by PEN at 2015年01月12日 00:45
こんばんは

「ELIZABETHTOWN(エリザベスタウン)」を観ました
の報告に伺いました
感想は明日にしまぁす
Posted by デリコ at 2015年01月12日 23:25
デリコさまへ

こんばんわ。

観てくださったのですね。
ありがとうございますm(_ _)m
Posted by PEN at 2015年01月13日 00:39
こんばんは

クレア最高♪
いやいや最強と言うべきね
あたしもあの地図を持ってドライブしたいです
ひとりでも間違いなく楽しいでしょうね

不思議な映画でした
冒頭の「最後の視線」と「大丈夫」がこの映画の本テーマなのでしょうか
このふたつの台詞が繰り返されストーリーが展開してゆく
リストラ、自殺願望や死別という暗いテーマがそう感じさせていないのは
「最後の視線」といういろんな出来事を
「大丈夫」にかえて再生してゆくということでしょうか
Posted by デリコ at 2015年01月16日 21:23
デリコさまへ

こんばんわ。

そうですよね。
クレアってすごいですよね。
見終わった後に、元気をもらえた気分になるのは、
クレアのせいかとふと思う時があります。

最初に見た時、再生とか、まだやり直せるんだぜとかそんなメッセージを感じました。
どんなに辛いことを経験しても、逃げたくなっても、自分の心とちゃんと向き合って、
問題に立ち向かう強い意思をもつことで、結果がどうであれ、少しずつ未来が見えてきて、
前向きな意識になれることを教えてくれているような気がしました。
映画の中ではクレアが嫌でもそうさせてくれていますね。
Posted by PEN at 2015年01月17日 01:37
少しノスタルジックな気持ちにさせたのは
古き良き時代みたいなものを感じたからかもしれない
エリザベスタウンのみんなが
ドリューを知っていることや
家族や親戚づきあいを重んじていること
おせっかいだけどみんな親切だったし
根っからの悪者も登場しない


それにしても(笑)書くまえに笑ってしまいますが
自殺するのに用意してたあのマシンはどんな仕組みなのサ
あれじゃ刺さっても痛くて漕げないでしょ
予測つくでしょ(笑)
それと後半の「人生山あり谷あり」の台詞には
出来事はとても重いのに
なんてなだらかな山や谷なんでしょと思ったわけです
滅茶苦茶前向きなクレアとの出逢いがドリューを救ったのですね

出逢いは大切ね
とてもいい映画でした
m(_ _)m深々
Posted by デリコ at 2015年01月18日 14:25
デリコさまへ

そうなんですよ(笑)
シビアな入り口から物語スタートだったんで、こっちは真剣に見てるし、
ドリューも真剣に準備してるんですけど、
ふと思うんですよね。えっ!?これでやるんかドリュー!っと
あかんあかん、そのチョイスは何?と声をかけたくなります。

きっとドリューのキャラクターは、天然ボケの設定ですよね。
エリザベスタウンに着いてからも、みんなに向かって「この度はご愁傷様です」って
言ってましたからね(笑)

しっかり者で前向きなクレアとの出会いは
然るべき出逢いなんでしょうね。

観てくださって
ありがとうございましたm(_ _)m

Posted by PEN at 2015年01月20日 21:02
「鑑定士と顔のない依頼人」検証その1

邦画タイトルがミスリードし
ストーリーがミスデレクションに誘い
トルナトーレ監督がいう「ハッピーエンド」が展望記憶のモニター・ミスを起こさせ
わたしのハートは「泥だんご」になってしまいました(笑)
すでに二度三度観てはいるものの一向にソレが見えてこない
だからPENさんがわたしのところに来てくれたときに
PENさんのポケットに「泥だんご」を
気づかれないように突っ込んでしまったかもしれません(笑)

PENさんのヒントで違う視点から観ました
わたしのイメージするハッピーエンドとは途轍もなくかけ離れていますが
「一縷の望み」に辿りつきました
これがトルナトーレ監督がいう「ハッピーエンド」ではないかと思えたのです
リハビリ病棟(?)での生活は髭の長さで長期だと知ることができます
そこに届いた手紙の中にはクレアから手紙はなかったと思います
ヴァージルが信じたのはクレアが話したたった一つの真実「ナイトアンドデイ」だけです
この映画のラストの台詞「つれを待っている」
ここでクレアを待つことがヴァージルのハッピーエンドではないかと思いました

>>でもラストシーンに最後、クレアが
>>「たとえ何が起きようともあなたを愛してるわ」
>>のシーンで、顔がわかるカットが挿入されていました。
>>でも微妙な表情で、どちらかわからない感じでした。
これはヴァージルがロンドンの競売をわが人生の頂点とし有終の美を飾ると決めた日を
決行日とし
「最後のミッション」をその言葉に変えて語調を整え意味を強めているかのように聞こえてきました
だから淡々と語るその言葉には「愛」はありません
ただ、ここでひとつ疑問が生まれます
クレアはなぜそこまで協力したのでしょうか?
ヒントはビリーが描いたあの絵にあるのでしょうね

以上です

しかし、どーしてここまでこの映画を追いかけてしまったのでしょうね
巻き込んでしまって
ごめんなさい
m(_ _)m深々
Posted by デリコ at 2015年03月02日 12:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]