2014.11.29

大阪府堺市で自転車博物館サイクルセンターと市内でのサイクリングを楽しんできました。



パートナーの案で、堺市にサイクリングをしてきました。
堺市は、堺包丁が有名ですが、自転車博物館があるくらい自転車の「まち」。
恥ずかしながら全く知りませんでした。「自転車のまち」として世界的にも有名だそうです。

そんな自転車のまちですので、自転車のサービスが進んでいます。自転車道がたくさんあり、自転車乗り方教室やさかいコミュニティサイクルなるものも運営されています。このコミュニティサイクルとは、複数ののどのサイクルポート(共用自転車置場)でも、共用自転車の貸出・返却をすることができる公共交通システム。サイクルポートは市内に6箇所も設置されています。会場時間は朝いちから翌日の1時までと時間に気をとられず使用できます。それで一日の料金が300円。街なかのいたるところに点在する古墳めぐりの観光には便利すぎるツールです。電動アシスト自転車だってあります。通勤・通学用に定期利用できるサービスも。



なぜ自転車のまちになったのかと自転車博物館にて勉強してきました。

堺には仁徳天皇陵等たくさん古墳があります。
その土木作業に使う鍬や鋤などの鉄器をつくる技術を持った人がこの地に集まって住むように
なったところから始まります。やがてその加工技術で、優れた技術職人さんたちが刀や刃物をつくるようになり、刃物が堺の名産になったとのこと。
さらにヨーロッパから鉄砲が伝わると、またもや鉄の加工技術を活かして、日本で初めて鉄砲の大量生産に成功。その当時は「鉄砲づくりのまち」と呼ばれていたそうです。
そして明治時代にヨーロッパから自転車が輸入されるようになると、その自転車の修理に、今ままでの鉄の加工技術が役にたち、修理から部品づくりまで発展、自転車を生産するまでにいたった会社がたくさん生まれたそうです。

自転車博物館では、1Fは、自転車の図書室や自転車の収蔵庫がみれます。
3Fでは、自転車で世界一周した人たちの記録展示や自転車の仕組みなどが知ることができます。





なかでも2Fがすごくおもしろかったのですが、
自転車の発達の歴史がじっくり見れます。

自転車は、ヨーロッパの貴族が領地内の散策などに馬を使って回っていたのを、自転車なるものが発明され、こっちの方が馬よりランニングコストがかからないってことで、広まったそうです。



この自転車はの名前は、ドライジーネ。自転車の元祖で、
二輪にまたがって自分の足で地面を蹴って進む乗り物。
ヨーロッパの金持ちの間では流行ったそうです。



この自転車は、ミショー型ボーンシェーカー。
1861年にパリで馬車をつくっていたミショーファミリーが、
前輪にクランクとペダルを付けて車輪を回す方式を発明。
車体も木製から鉄製に変わって初めて大量生産されたそうです。



1880年になると、このオーディナリーが登場。
自転車レースが盛んになり、早く走る為に前輪を大きくしていったそうです。



1879年で、危険なレース用の自転車から、安全重視の自転車が登場。
イギリスのローソン氏がチェーンを付けて後輪を回す仕組みを発明。
このころからセイフティーバイシクルとして技術が発展して、
誰でも安全に乗れて、安価で購入できるものが大量生産されたそうです。



そして現代は、コンフォートバイクとして快適に乗れる自転車の発明にはいっていったとのこと。

自転車の歴史に触れた後、
さっそく自転車を借りて古墳めぐりをしました。自転車の乗り心地もとてもいいです。

自転車博物館横の大仙公園を経由しながら、仁徳天皇陵古墳、履中天皇陵古墳、
いたすけ古墳、御廟山古墳、最後に百舌鳥八幡宮にお参りしてきました。

公園内は紅葉で色づいています。とても気持ちのよい公園で、この近辺に住んでいる方が羨ましい。
大仙公園には、平和のシンボルの塔があり、敷地内には、自転車博物館、市立中央図書館、
堺市博物館などの文化施設も充実しています。









仁徳天皇陵古墳は、前方後円墳で、空からみると鍵穴のようなあの古墳です。
あたりまえですが、ここからでは古墳の形なんてわかりません。



お墓の面積は世界最大です。ピラミッドより広大な面積を占めているとのこと。
世界最大みたいなことあんまり耳にしないので、驚きです。

いたすけ古墳では、たぬきに出会いました。泳いで古墳側にたどりついたのでしょうか。
外堀の向こうにけっこうな数で住んでいます。どの古墳の外堀にも、カモがいて、ぷりぷりおしりを振りながら水面を移動している姿が愛らしく癒されます。





日が落ちるのが早く、最後の百舌鳥八幡宮ではすっかり夜になってしまいました。
ここでは、大阪府の天然記念物に指定されている樹齢約800年の巨大なクスノキがみれます。
真っ暗で全貌がわかりづらかったのです。残念。
堺市には、まだまだ見にいってみたいところもあるので、サイクリングを次も楽しみたいと思いました。



camera:GR DIGITAL2


ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 14:56 | Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪
blogramでの訪問・投票ありがとうございます
こちらに来てみてバナーを探せなくて〜(^_^;
応援のポチ出来ませんでした
申し訳ありません<(_ _)>

画像♪どれもすばらしいですね!
特に自転車の写真には感動いたしました〜(*^^)v
Posted by Deux Roses sako at 2014年12月02日 13:39
はじめまして。

こちらこそご訪問ありがとうございます。
バナーの設置をすっかり忘れていました。
どうやって設置するのか調べてみます。

写真を褒めていただいてありがとうございます。
素人ながら頑張って撮影しています。


Posted by PEN at 2014年12月06日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]