2014.07.12

神戸元町 南京町にいってまいりました



南京町で食べ歩いてきました。雲行きが怪しかったのですが、
小雨程度で楽しめました。
南京町は、神戸市中央区の元町通と栄町通にまたがる狭いエリアの通称ということで、
正式な地名でないようです。日本三大チャイナタウンのひとつに数えられる、中華食材に
雑貨、料理など多彩な店舗が立ち並んでいます。







門を潜って中ほどに、広場があるのですが、その広場に面してある「老祥記」というお店が
いちばんの行列。豚まんがめちゃくちゃ美味しいとのこと。
普段並ばない方なのですが、前に立って列を整えているおっちゃんが15分くらいと
言ってくださったので、並んでみました。



このお店、大正4年から営業しています。1915年ですから99年前。
内のおばあちゃんと同じ年です。四代目の店主曹さんがきりもりしてされています。
男前です。厨房では数人の方がものすごいスピードで、豚まんを包んでいます。
さっそく食べてみました。そのままでも味が濃厚で美味しいです。まて餃子みたいに
つけダレしても美味しい。ものすごいスピードであっというまに食べ終えてしまいました。
ここだけでも来た会があり満足ですが、
その後も個々のお店で、焼きビーフン、四川ラーメン、唐揚げ、杏仁アイスといただきました。



南京町の後は、神戸のおしゃれなお店をぶらぶらと探索。
ナイトメアビフォークリスマスの専門店を発見。階段にカボチャのお化けがお出迎え。
今度ゆっくり拝見したいものです。



camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ

posted by pen at 00:30 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]