2013.09.16

よしもとばななさんの「デッドエンドの思い出」



よしもとばななさんの「デッドエンドの思い出」を文庫本ですが、購入しました。
初期の作品を何冊か読んでいますが、好きな作家さんです。

よしもとばななさんの作品は、
文章が読みやすく入りやすく、映像をみているような感じでしょうか。
そして少し不思議が入っています。
その少し不思議と生死や性のことが静かにはいってきて物語が進んで
いく世界観が好きなのかもしれません。

秋がちかづいて、読書の気分になったのか、
なぜかふと、読書がしたくなり、読むならよしもとばななさんの世界を見たいと
思い書店へ向かいました。

今回購入した「デッドエンドの思い出」も、少し不思議がありました。
なかでも「幽霊の家」が好きになりました。タイトルを見て、読み始めた時は、
少し暗いイメージのストーリーかと思っておりましたが、
まったく想定していなかった展開で、優しい気分で気持ちよく読み終えました。
他の物語もそんな気分にさせてくれるものでした。

まだまだ読書気分がおさまらない。

デッドエンドの思い出 (文春文庫)

新品価格
¥510から
(2013/9/16 23:45時点)



よしもとばなな公式サイト
ささやかな暮らし-ライフスタイルブログ





posted by pen at 23:51 | Comment(0) | Recommend | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。