2016.04.03

東大阪市の恩智川治水緑地までサイクリングしてきました。

東大阪市の恩智川治水緑地までサイクリングしてきました。大阪市内から50分程で行ける場所です。恩智川(おんちがわ)は大阪府を流れる淀川水系の河川で、とくに近鉄線東花園駅付近の川の両歩道は整備されていて、生駒山を眺めながらジョギングや散歩を楽しめます。さらに春になると川沿いに綺麗な菜の花を数キロに渡って見ることができます。満開の時期には少し早いですが、菜の花の風景も楽しんできました。



この菜の花は自生ではなく、恩智川の水質浄化などに取り組むNPO法人「東大阪市環境カウンセラー協会」が、平成16〜20年に地域住民の方々と種をまき育ててきたものだそうです。こんなに綺麗な花を咲かせている川にゴミのポイ捨てをする気にさせないようにするためのアイデアでしょうか。素敵な取り組みだなあと感じました。







菜の花を楽しみながら川沿いを南下していくと目的地の恩智川治水緑地が見えてきます。生駒山系を背景に、広々とした緑地の敷地と、川を挟んで反対側には大きなグランドも見えてきます。





恩智川治水緑地は大雨が降った際、恩智川の洪水を緑地内に一時的に水を貯めることにより、洪水の量を減らし、河川への負担を軽減させる役割を担っているそうです。平常時は写真のように、グラウンドや散策路として開放されていて、近隣の住民の方の憩いの場になっているようです。緑地内の池島弥生橋がかかる橋の上からは、バードウォッチングをしている方の姿もチラホラ。ぼくのカメラでは野鳥を綺麗に撮影できないですが、肉眼で確認できるくらいの距離で観察することができます。







近頃水に関わる場所に惹かれて出かけているなあと思いながら、気持ちいいサイクリングを楽しみました。





camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ


posted by pen at 01:25 | Comment(2) | Cycling | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。