2016.04.24

大阪 北摂の箕面川ダムまでサイクリング。ダム湖面で森林浴してきました。



昨年、箕面の滝までサイクリングとハイキングを楽しみましたが、今回は、箕面の滝上流にある箕面川ダムまでサイクリング。ダム周辺の遊歩道をゆっくり歩いて、ダム湖面で森林浴を楽しんできました。

箕面川ダムは、淀川水系の箕面川の上流に位置し、昭和42年の北摂豪雨の被害を機に建設されたダムです。ダムの形式は、ロックフィルダムといって、斜面に敷き詰められた岩石が特徴のダムです。ダムといえば、富山県の黒部ダムのようなコンクリートの巨大な建造物をイメージしてしまうのですが、そうではない形式のダムということで、一度観てみたいと思っていました。ダムといえば自然破壊が問題になりますが、このダムは早期に環境の原状復帰が開始され、完成後も継続的な緑化対策が講じられる活動が認められ、環境庁より環境賞を受賞しているそうです。



大阪市内から箕面川ダムまで片道約30.9km。自転車で2時間ほどかかります。山間部なのでそれなりの坂道がありますが、ゆっくりマイペースで走ればしんどくない坂道です。本格的なサイクリストの方々は流石に男性も女性もペースを落とさずにけっこうなスピードで登っていきます。凄いです。立ち止まって景色を楽しんでいることが多いので、邪魔にならないように前後を気にしながら景色を楽しませてもらいました。







走っている最中、箕面川ダムに向かう山間部の国道沿いに、登山道を発見。何かありそうと思って自転車を止めて歩いていくと、展望台がありました。箕面山と箕面市が一望できるパノラマの風景が楽しめる場所でした。これはいいです。









展望台を後に、再びダムに向かって走行。箕面の滝付近まで来ると、滝の上流の沢にそって道が続いているので、川の音を楽しみながら走ることができます。途中、大きなレンズをつけたカメラをもったおじさん、おばさん達が沢に注目しているので、何かなと思って声をかけてみました。コマドリを撮影しているとのこと。顔から喉にかけてオレンジ色に化粧している可愛い野鳥です。撮影してみたかったですが、ぼくのデジカメでは到底無理な被写体さんです。











さらに登っていくと、斜面に敷き詰められた岩石が見えてきました。箕面川ダムです。インターネットの写真で見るよりも迫力があり、美しい景観です。巨大な古墳をみているような気分になります。斜面の尾根にあたる部分は国道になっており、山側をのぞくとダムの湖面が一望できます。









せっかく来たので、自転車を押してダム周辺の遊歩道を散策することにしました。車道に面している道はデッキ状の歩道が設けられていて、びゅんびゅん飛ばしてくる車を気にせずにゆっくり歩くことができます。林道もしっかり間伐されているので、天井が明るく気持よく歩けます。











ダム堤体を湖面を挟んで一望できる場所には、ベンチも置いてあり休憩しながら森林浴を楽しめます。ベンチでしばらく寝転がって休憩。









帰り道は行きと同じ道だったので、下りでほぼ漕ぐことなく、スイスイ気持ちよく走ることができました。サイクリストの方たちがこの下りを気持ちよさそうに走り抜けていくのをみるとロードバイクに乗ってみたくなりました。



camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ


posted by pen at 14:08 | Comment(0) | Cycling | 更新情報をチェックする
2016.04.17

東大阪市 生駒山系の枚岡公園桜広場までサイクリング。



山の緑に溶け込んでいる桜を眺めたいと思い、先週、東大阪市の枚岡公園桜広場までサイクリングしてきました。枚岡公園は、生駒山系の枚岡山と額田山のエリアに位置します。ハイキングコースや近隣の住民の方の憩いの場にもなっており、枚岡公園の梅林は「大阪みどりの百選」にも選ばれています。残念なことに、梅林は今年の2月にウメ輪紋ウイルスが複数確認され、梅林のウメ・スモモの木を全て伐採することがニュースになっていました。



この近辺に住んでいた頃は、額田山展望台や枚岡山展望台に散歩がてらに軽いハイキングをしたこともあり、馴染みの場所です。桜広場までは、国道308号を奈良方面に向かう道中にあり、そこまでほぼ縦一直線の坂道が待ってします。急勾配すぎて歩いているのと変わらないスピードで登っていきます。頑張って登りきったのはいいのですが、肝心のさくら広場は、桜が散った後でした。。残念。







気をとり直して周辺を散歩して帰ることにしました。額田山と枚岡山の間には渓谷があり、桜広場の目の前には、その渓谷から市街地にむかって豊浦川が流れています。豊浦橋を渡って登山道に降りると暗渓と呼ばれる小ぶりな滝があります。ベンチも用意されているので、沢のせせらぎを聞きながら休憩していきました。ただこの時期、虫が多いのでゆっくりはできません。かなりまとわりついてきます。









額田山の麓には、森のおもや箱やちびっこ広場という近隣の方が遊びにこられる憩いの場があり、ここには桜が少し残っていました。来年は1週間早い目に訪れようと思います。



camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ


posted by pen at 12:45 | Comment(4) | Diary | 更新情報をチェックする
2016.04.10

iPhone SE に機種変更しました。



話題になっていたiPhone SEを購入。iPhone5sのマイナーチェンジということでパッとしない意見もありますが、現状に即した必要最低限の改良を行って、お客さんが気づかないくらいのちょっとした気遣いの仕様変更で商品を提供する姿勢がとても好きです。今、使用しているものが使いやすくて気にいっている。多少不便でもその商品を永く使っていきたいと思っているユーザーを大事にしてくれているように思えます。さらに新しいボディを開発する手間がなく、生産工程でコストダウンでき、手頃な価格で提供できるなら、なおいいじゃないかと思います。

とマイナーチェンジ好きをアピールしていますが、iPhone 5cからiPhone SEに買い換えたぼくは、十分にフルモデルチェンジ買いしてるじゃないかというレベルです。でもiPhone5cで出してくれていたらそれに買い替えていたと思います。

今回購入したiPhone SEは、スペックはほぼiPhone6sということで問題ないのですが、外観はiPhone5sということで、少し迷いました。当時、背面のデザインがしっくりこなかったことで、5cにした経緯があるからです。5cのモデルが出てくれたらよかったのにと思いつつ、あらためてiPhone SEの背面をみたら、当時ほど気にならなくなっていました。理由がわかないのが気持ち悪いですが、なぜかしっくりきました。悩んだ末、今まで通りの手のひらサイズの使いやすさ、2年目のiPhone 5cのバッテリーの消費量、動作の遅さ、iOSを最新にしているのにすべての機能を使いきれないデバイスの不便さをみて買い替えを決めました。



カラーバリエーションは、スペースグレー。スペックは、前回同様16GBにしました。あと1万円出費すれば64GBの容量なのですが、必要最低限のアプリしか使わないし、icloudや他の無料のクラウドサービスを利用していれば、16GBで十分です。

ちなみにicloudのストレージサービスは、月130円で50GB,月400円で200GBです。現在、50GBにアップグレードしています。デイバイスと合わせれば76GBを手にしていることになり、少なくとも2年間同じデバイスを使っているだろうと予測した場合、2年で3120円ですから、あと1万円支払って64GBを購入する必要はないなと思いました。

さらにicloudフォトライブラリは、アップロードした画像をiPhoneに適したサイズに縮小して保存してくれるので、オリジナルはicloud、デイバスで見る時は軽いデータ、必要な時に必要な枚数だけオリジナルをダウンロードして使い分ければ、容量の節約にもなります。

写真を撮り貯めていくにしても、いずれデバイスの容量を超えて、削除するか外部にバックアップとるくらいだったら、はじめからicloudにデータを保存した方がデバイスの劣化や不慮の事故でデータがなくなるリスクも軽減されますし、バックアップする手間も省けるので、wifi環境が整っている方にはお薦めです。

さっそくiPhone SE使ってみた感想ですが、めっちゃいいです。まず重量、ずっとiPhone5cを使っていたので、それよりも軽くて感動。アプリの動作も早くなりました。データの転送スピードも早い。そして、今までパスコード認証していたど、指紋認証になったので、いちいち打ち込んでいたストレスがなくなりました。バッテリーも本当に長持ちして、バッテリー消費量を気にせずに1日過ごせるのは安心です。

iPhone SEの「SE」は「Special Edition」ということで、今回限り感がありますが、こういったマイナーチェンジの製品ラインも時代錯誤していなければ、残しておいてもらいたいです。



camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-1

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ

posted by pen at 10:17 | Comment(0) | Recommend | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。