2016.03.27

大阪府 狭山池ダムに2度目のサイクリングにいってきました。

去年の12月に大阪府の狭山池ダムまでサイクリングした際、残念なことに池周辺の改修工事で入れなかったのですが、工事も終わったということで再度走ってきました。狭山池までは、大阪市内から約24キロあります。



狭山池は今年で築造1400年という歴史のあるダムで、何度も改修が行われ、現在は均一に台形場に盛り土を行って堤体をつくる「均一型アースフィルダム」という工法で造られています。やっとその景観を見ることができました。



思っている以上に大きな池で、池周辺は早朝ランニングや散歩をしている人たちで賑わっています。ランニングや散歩をしている人が圧倒的に多く、自転車で走ってはいけないのかなと思い、手押しで池の周りを散歩しました。お昼すぎになると、人の数も増えてきます。静かに景観を楽しみたい方は時間帯をみて訪れるといいかもしれません。

前回訪れた時に見学した安藤忠雄さん設計のダム資料館を池とセットでみえる景色を探してみました。遠くからでもとてもシンプルで美しいです。池の周りには、ベンチもあり、池を見渡しながら休憩ができます。ぽかぽかした天気の日には最高なんじゃないかと思います。









池の南側で、ダムらしい光景を発見しました。勉強不足でどんな機能なのかわかっていませんが、高さのある段差があり、水が流れおちています。反対側を見ると用水路があり、街に向かって流れていきます。池の周りには桜の並木道もあるので、これから桜が満開になる時期が楽しみです。





さらに池の水面を見下ろしながら歩けるデッキや、ダム資料館と池を挟んだ道は綺麗に植樹されていて気持ちよく歩け、一周するだけでも色々な景色が楽しめます。












camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ



posted by pen at 12:44 | Comment(0) | Cycling | 更新情報をチェックする
2016.03.19

大阪 中之島フェスティバルタワーまでおさんぽサイクリング。

走りやすい気候になってきたので、休日サイクリングを再開。久しぶりだったので近場のさんぽ距離にあたる中之島フェスティバルタワーまでサイクリングを楽しみました。



中之島フェスティバルタワーは、「水都大阪」の象徴的な川でもある堂島川と土佐堀川に囲まれた中之島の水辺にあり、大阪市中央公会堂や国立国際美術館などが建ち並ぶ大企業やホテルも集積した好立地の文化ゾーンに位置します。最終的にツインタワーになる予定で、ビル前には、来春竣工予定の中之島フェスティバルタワー・ウェストの姿も見れます。美術館や多目的ホール、国際級ホテルの開業も控えているそうです。その中でお気に入りのスポットを発見しました。

中之島フェスティバルタワーは37階まである高層ビルで、37階が多目的なカンファレンスルーム。14階から36階までがオフィス。12階以下は朝日新聞大阪本社とフェスティバルホールという構成です。その間にある中階層の13階が素敵です。「スカイロビー」と名付けられたフロアにはスカイテラスや屋外デッキがあり、ビジネスマンがリフレッシュできる空間が用意されています。







平日はビジネスマンでごったがえしていますが、土日は静かでものすごく落ち着ける場所です。フロアには、「ヘルシー」をキーワードにしたお手軽なフードやスイーツ、ドリンクが購入できるカフェ「Ciao(ちゃお)」があります。そこで、ドリンクとフードを注文してテラスで一息つきます。



屋外デッキにでると土佐堀川を眺めることができます。見入りすぎて立ち入り禁止のエリアまで入ってしまい警備員さんに注意されました。ちなみに屋外デッキは警備員さんが立っている時間帯しか出れないみたいです。復路は、川沿いギリギリにビルディングが建ち並ぶ淀屋橋の風景をみながら歩いて散歩。これから気持ちよくサイクリングできる気候だなーと来週の休日が楽しみになりました。



camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ


posted by pen at 19:09 | Comment(0) | Cycling | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。