2015.05.10

六甲山で遊んで、温泉にはいって、1日満喫してきました。



GW初日に六甲山上をぶらぶら散策しつつ、有馬温泉に入って1日を楽しんできました。六甲山は、兵庫県南東部、神戸市の市街地の西から北にかけて位置する山で、瀬戸内海国立公園の区域に指定されています。六甲山には、高校時代にワンダーフォーゲル部でキャンプと登山で何度か訪れていたのですが、それ以外の目的で訪れたのは初めてです。大阪在住なのですが、いつも神戸の六甲山となると感覚的に身近な場所といううより結構遠方にあるイメージで、行ってみたいと思っているものの足を運べていない場所でした。今回、行ってみると思っているよりも移動時間が気にならない場所だなと思い直しました。

到着後、さっそく見晴らしのよい六甲山ガーデンテラスのグラニットカフェにて昼食。シェフ特製のフレンチをベースにした創作料理と手作りスイーツが楽しめます。眺望できる室内にてゆっくりくつろぎながら、ランチをいただきました。残念ながら曇り空で、期待していた景色にはなりませんでした。昼食後は、ガーデンテラス周辺を散策。見晴らしのよい塔から景色をみながら、深く深呼吸して、ひさしぶりに清々しい気分になれました。塔のすぐそばにある「クローバー」というショップでは、六甲山のオリジナルグッズや神戸らしいおみやげや雑貨が販売されていました。神戸のお土産はどれもおしゃれです。







軽く運動して汗を流してから温泉に行こうということで、次に足を運んだのは、六甲フィールドアスレチック。六甲山の木々と緑に囲まれた、全長1キロの本格的なフィールドアスレチックコースです。ちびっ子から大人まで楽しめる内容になっています。GW初日でしたので、家族連れが圧倒的に多かったです。コースもずーっと待ち列が続いていました。運動する前に立っているだけで疲れます。アスレチックは40ポイントあるのですが、待ち時間で疲れはてるのと温泉に行く時間がなくなってしまいそうだったので、残念ながら8ポイントで退散しました。



アスレチックを後に、次は六甲ガーデンテラスから数分歩いた先にあるロープウェイで有馬温泉へ。ロープウェイからの眺める景色は本当にキレイです。桜や紅葉の季節は、いい景色になるだろうなーと眺めていたのですが、ふと下を見下ろすと思っている以上の傾斜のあるロープウェイに冷や汗をかきました。高いところが苦手です。





有馬温泉は、療養泉として9つの主成分のうち7つの成分が含まれ、世界的にも珍しい多くの成分が混合された温泉だそうです。ちなみに、7つの成分は、単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、放射能泉ということですが、成分を聞いてもピンときません。入浴予定の金の湯の温泉は、金泉(含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉)で、冷え性、腰痛、筋・関節痛、末梢血行障害などに効果があるということでした。

有馬に到着後すぐさま金の湯へ。金の湯は、有馬の名湯金泉が気軽に楽しめる公衆浴場です。時間的にちょうど夕食前だったので、金の湯は、観光客で長蛇の列をなしていました。並ぶのが嫌いなのですが、ここまで来て外せません。テーマパークの待ち時間のような時間を過ごした後、ようやく順番が回ってきました。金の湯のネームがはいったタオルを購入して、入浴タイムです。
中にはいると、赤褐色の温泉。小さいこどもが色の違ったお湯をみて、味噌汁みたいとコメントして、確かにと思ってしまいました。一回入っただでけでは、効果があるとは思えませんが、気分的に健康になれた気がします。



金の湯を出ると、小雨がパラパラと降っていました。せっかく気持ちのいい湯の後に雨なんてついていませが、気をとり直して、名物の炭酸せんべいをトッピングにしたシャーベットを食べながら温泉街をぶらぶらと歩きます。日帰り目的だったので宿での食事はありません。時間的に夕食がいただけるところを探しました。

食べ歩きできるお店が多く、いざ探しだすとなかなか見つからない中、もうここしかないでしょうというお店を発見。「くつろぎ家」です。金の湯の付近にあります。古い一軒家を改装したお食事処で、大きな座敷でゆったりとくつろぎながら食事ができます。淡路島直送の魚介類や山の幸を使った釜飯がお薦め。「いっぷくコースのくつろぎ釜」と「湯けむり蒸し」をいただきました。注文した後に生米から釜飯を調理するとのことで、食べるまでに少し時間がかかりますが、釜飯の蓋を開けるとお魚と山菜の美味しそうな香りで、そんな待ち時間のことなんて忘れてしまいます。味も最高でした。





夕食の後は、元きたロープウェイに乗り、六甲ガーデンテラスへ。夜景を楽しもうということだったのですが、この天候だと見れないだろうと諦めつつ向かいました。テラスに戻るとびっくりです。見れないどころでなありません。駅から降りると周りは濃い霧に覆われていました。数十メートル先は真っ白です。しかも日も沈んだ暗い夜道。スティーブン・キング原作の映画「ミスト」を思いだします。異次元と繋がった霧の中から巨大な羽虫や飛竜のような生き物が襲いかかってくるというSFホラーなんですが、もう、そのもののようなロケーションです。



夜景を見れなくて残念ですが、全く前が見えない濃霧の状況を楽しみました。本当は、テラスからの夜景と新名所の「自然体感展望台 六甲枝垂れ」のイベントを見て帰る予定でしたが、霧の中に隠れてなんだかわからない事になっていました。六甲山光のアート「Lightscape in Rokko〜Spring Version〜」のテーマで最新のLED照明を使った光のイベントを拝見するつもりだったのに残念です。ちなにみ「自然体験展望台六甲枝垂れ」は建築家の三分一氏によるものだそうです。コンセプトは、山の上に立つ一本の大きな樹。枝垂れをイメージさせるヒノキのフレームが展望台を覆っていて、昼間は木漏れ日のような光を展望台に取り入れます。大木の幹をイメージした中央部には、天上が吹き抜けになった筒状の空間があります。上を見上げると光が降り注いで見えるようなのですが、こんなことなら、昼間に一度立ち寄っておけばよかったと思いました。





久しぶりのちょっとした遠出の探索で遊び疲れたものの、頭と身体はすっきりしました。
温泉が心地よかったので、次回は、温泉をはしごしてみたい。

camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ




posted by pen at 02:28 | Comment(0) | Trip | 更新情報をチェックする
2015.05.02

初心に戻って、観察力を鍛えていきたい。



高校時代に、半年だけ絵を学びに行ったことがあります。結局、何にも身につけられなかったけれど、その時に学んだデッサンの考え方は、社会人になってから役立つようになりました。描く方法なんて色々あると思うので、その方法が正いかどうかの判断はできませんが、ぼくの場合、ハマりました。

当時通っていた絵の教室は、上手に絵を描ける「技術」みたいなことは一度も教えてくれませんでした。「描き方」なんて学びだしたら、何年もかかるよと言われた記憶があります。そこで徹底して教わったことは、絵を描く訓練ではなく「観察力」をつける訓練でした。目の前の対象物を正確に理解すること。芸術的な表現力、感性は必要ありません。だから描いた絵に対して、上手いとか下手とかそんな評価もない。どれだけ目の前の対象物から情報を引き出せるようになったのかがポイントでした。

目の前のモノをちゃんと理解できれば、その対象物のカタチ、質感や量感は、必然的に描けるでしょう、というものです。極論、理解できた情報があるのなら描かなくていいよ。でも理解した情報を客観的に人に知ってもらうには描いた方がいいよね。ってことでした。



今でこそ、なるほどなっと思いますが、お気楽な高校生活をおくっていたぼくには、全く理解できませんでした。むしろ、こんな感じ?っていう意識で描いていました。だから怒られる。分かったつもりで、「こんな感じ」のお絵描きをしてたら、いつまでたっても良質な情報は入ってきませんよ。「恥の上塗り」はやめましょう。知ったかぶりしないで、本当に理解しようと思えば、情報はどんどん入ってくるもんです。その成果はちゃんとデッサンにでてきますよと。



これって絵を描くための心構えみたいなモノだと思っていたけれど、絵のことだけじゃなく、いろんな事に言えることだなと思いました。高校時代は、描く対象物がコカコーラの瓶だったけれど、社会にでたら、対象物は、モノだったり、人だったり、組織だったり、空間だったり、建物だったり、街だったり、地域だったり、いろいろあります。その対象物のことをしっかり理解していないと、仕事にならない。何をするにも「観察力」は必要だと思えました。



そんなことを思うと、あの時教わったことは本当に面白いし、役にたつことばかりだったなとつくづく思います。覚えている限りあげてみると、鉛筆を手にしていきなり画用紙に描き始めることを注意されました。本当に理解したか?理解してから手を動かしなさい。なんとなく手を動かすのは非効率だ。基本動作は、観察して、理解して、描いてみて、見なおして、修正して、の繰り返しだけです。

対象物を理解する為のコツも教わりました。目の前にある一塊をいっきに理解しようとするのではなく、この一塊は、いくつかの群の集合体であり、その群もいくつかの部分の集合体だとしたら、情報量が少ない部分から理解していけばいい。見た目の輪郭から描き出すのではなく、中身を理解しなさい。中から理解していけば、輪郭は必然的に見えてくる。

ピカっと光っているのか、鈍く光っているのか、その光の周りの色調の変化を知ることで、素材の質感が理解できる。一般の方が9段階の色調しか理解できないとすれば、プロなら27段階まで見極められるようになりましょう。

目の前の対象物の一番明るい部分、一番暗い部分は、隣に別の対象物か置かれた瞬間に一番ではなくなる可能性がある。常に相対的に考えなさい。

制限時間内にどれだけ、「✕」をみつけて「◯」に替えていけるかが勝負。「✕」を「✕」のまま残しておいても最後に「◯」にはならない。

アウトプットされるものは、水面に少しだけ見える島のようなもの。その水面下に膨大な情報が隠れている。観察していけば、本質が見えてくる。



20年くらい前のことだから、全部を思いだせないれど、こんなことを毎週聞かされていたなーと懐かしく思ったのと、今の自分の仕事に置き換えたてみて、ちゃんとできてるかなとも思いました。ちゃんと目の前のものと向き合い、課題の本質を見極めて、問題を解決していけてるだろうか。小手先の技に無意識に頼ってないだろうか。「✕」を見て見ぬふりしてないだろうか。

質の高い仕事ができるように初心に戻って、観察力を鍛えていきたいと思いました。

camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ


posted by pen at 21:51 | Comment(2) | Thought | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。