2017.07.30

万博公園で会える。生きているミュージアム NIFREL(ニフレル)



大阪万博公園にある「NIFREL(ニフレル)」に行ってきました。オープン当初からずっと長蛇の列と聞いていたので、落ち着いてからと思いつつ、気がつけば2年たってしまいました。「NIFREL(ニフレル)」は、水族館、動物園、美術館の垣根をこえた生きものや自然の魅力を直感的に、より身近に楽しめる施設です。プロデュースは大阪市港区にある海遊館を運営している株式会社海遊館ということもあり、きっといろいろな工夫がされているのだろうなと期待大です。

館内は、NIFRELの語源にもなっている「感性にふれる」という言葉がそのままコンセプト。地球の様々な環境下で暮らすいきものたちを、色やカタチ、特殊能力などにカテゴライズして、独自の視点で「いろ」「わざ」「すがた」「WONDER MOMENTS」「みずべ」「うごき」「つながり」の7つのテーマで表現されています。

さっそく「いろ」のテーマで構成された空間へ。あか、あお、きいろ、鮮やかな色の海のいきものたちとご対面。360度楽しめる円柱の水槽が整然と並び、その中にちっちゃくて可愛いきものたちが泳いでいます。カラフルというより単色でビビットカラーの生物がセレクトされていて、自然と色に意識が集中します。シロボシアカエビの水玉がキュートです。









続いて「わざ」の空間へ。ここは口に含んだ水を水鉄砲のように飛ばして、水面上にいる昆虫などを撃ち落として食べるテッポウウオなど、特殊能力をもったいきものを見ることができます。上から覗けたり、水槽の下をくぐれたり、子どもたちが観察しやすいように工夫が凝らされた展示レイアウトになっています。





「すがた」のテーマは、がらりと演出が変わって、天井からドット状の最小限の明かりのみの神秘的な空間。薄暗い水槽の下からライティングされ、不思議なカタチをしたいきもののシルエットが際立ちます。ニシキアナゴがニョロニョロと顔をだしている光景は、別世界のようです。









3つのテーマを見終わって、そろそろ気分転換したいと思った頃合いに、いきものの展示とは全くちがう「WONDER MOMENTS (ワンダーモーメンツ)」のフロアに。吹き抜けの大きな空間に直径5mほどある球体が浮かんでいます。アーティスト松尾高弘さんによる光のインスタレーションです。自然現象の一部をきりとった映像と音楽が融合して、光が縦横無尽に動いて、子どもたちが楽しそうに光を追いかけていきます。







次の空間は「みずべ」。身近な河川に住むいきものから水辺で暮らすカバやワニ、ホワイトタイガーなど大きな動物が登場。大人気のホワイトタイガーの前は、人であふれかえっており、残念ながら姿をとらえることができません。









このみずべのフロア内には、カフェ「ピクニックカフェ」が併設されていて、食事もできます。せっかくなので、ここで昼食をとることにしました。サンドイッチセットとワニカレーをいただきました。





食事のあとは、最後のテーマ「うごき」と「つながり」へ。「うごき」の空間は、いきものの暮らす世界にい入り込む体験ができるということで、間近でいきもの見ることができます。「つながり」は、日々の生活の中にある対象物に視点をあてたシアターで、数分間のムービーを楽しめます。





7つのテーマは、不思議と魚も動物も可愛かったねというより、いきものの不思議に触れながら、発見や驚きがあり刺激的でした。ただ、動物園にいきたい。水族館にいきたい。と具体的に見たい対象がある方には、消化不良かもしれません。でも、いきものそのものに、関心をもってもらえる入り口なるような施設だなと感じました。
帰りは万博公園でゆっくり散歩しながら、休日を満喫しました。





camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-1


ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 09:05 | Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする
2017.07.10

中之島公園までサイクリングとピクニック



パートナーと久しぶりに中之島公園までサイクリングしてきました。パートナーのオススメの北浜にあるカフェアンドダイニング「NORTHSHORE(ノースシェア)」でテイクアウトできるサンドウィッチを購入して、ピクニックをする計画。「NORTHSHORE(ノースシェア)」は、女子のおすすめ店だけに、新鮮なフルーツと野菜が楽しめる健康的なメニューがたくさんあります。1F店内はカフェ&ダイニングでナチュラルなウッド系の家具で統一され、大きな窓ガラスから柔らかい日差しが差し込み、とても気持ちがよい空間です。その奥に中之島公園の水辺を楽しめるテラスもあります。2Fは、テイクアウト専門で、奥にイートインできるスペースも。どちらも水辺の景色を楽しめます。







サンドウィッチ購入後、自転車でゆっくり走りながら中之島公園へ。ずいぶん前に訪れた時は、ジョギングしている人や、ピクニック、読書をしている人が多かった印象でしたが、今の季節のせいか上半身ハダカで日光欲している外人さんがたくさんいます。さらに数十人が集まってヨガをしているグループの姿も。なんだか日本じゃないみたいな光景です。



さっそくレジャーシートを広げて、サンドウィッチをいただきます。サンドウィッチは、ベジタブルエッグとチキンの2種を購入。パッケージもシンプルで素敵です。中味は色とりどりの野菜がぎっしり詰まっいて、みているだけでも楽しくなる見た目に感動。そして、めちゃくちゃ美味しい。ひとりぶんでもけっこうなボリューム。これは、リピートしたくなります。次回訪れる時は、読書をしながらサンドウィッチと健康的なドリンクを味わいたいと思いました。







食後は、しばらく公園でのんびりした時間を過ごしました。公園でぼーっとして過ごす時は、同じ場所で同じ時間を過ごしている人たちの姿を観察して楽しみます。声は聞こえてこないけど、あの家族は、あのグループは、あのカップルはと、映画や小説のワンシーンみたいにストーリーを妄想。天候はいまいちですが、リフレッシュできる1日を過ごせました。



camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 01:24 | Comment(0) | Cycling | 更新情報をチェックする
2017.06.25

ワクワクが元気の源だと、あらためて思った。



ここ数ヶ月間、ワクワクすることが、自分にとって元気の源になっていることに気づかされました。
ワクワクを感じる時って人それぞれなので、決めつけられないけれど、ぼくの場合は、何か始めるとき、作り出していくときです。その過程の中で知らなかったことを発見して、それが自分の一部になっていくことが気持ちがいい。次は何がくるかとテンションがあがります。

あらためて気づかされたキッカケは、残念ながら仕事中心の生活に偏りすぎて、身体を壊して救急車で運ばれることになってしまったからです。ストレスが原因です。でも仕事がストレスの塊かというとそうでもない。しんどいことだけじゃなく楽しいこともあります。

でもやりすぎて、生活習慣もボロボロで、ストレスで倒れてしまう結果に。なんでだろうと振り返ると、ベストコンディションの時は、仕事も私生活もワクワクできることに没頭していたなと。バランスよくどちらもやり遂げたいと思っているのか、無意識に生活習慣もすごく気を使っているなと過去のスケジュールを見返しても思います。これが正しいかどうか検証必要ですが、少なくともベストコンディション時は、その環境下にある時だと感じました。

バランスよくやってのけるのは難しいと思いつつ、実はバランスよくやってのける方法が、私生活でもワクワクできることに没頭することなんだろうなと思えました。

そういえば、子どもの頃は、ストレスで倒れることなんてなかったと思います。いつもワクワクして、学校でも家でも何かに没頭した毎日を過ごしていたんでしょうね。ということで私生活でもワクワクできることを再開して、健康管理したいと思います。

camera:GR DIGITAL2

ブログランキングならblogramにほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
タグ:健康
posted by pen at 19:34 | Comment(0) | Thought | 更新情報をチェックする