2016.08.13

尾道旅行その1〜瀬戸内しまなみ海道〜



広島県の尾道まで旅行にいってきました。パートナーとかねてから行ってみたいなあと希望していた場所なので、ふたりとも満足の旅行になりました。1日目はレンタサイクルで瀬戸内しまなみ海道のサイクリングロードのほんの一部ですが、向島と因島を走り、因島の白滝山まで登ってきました。2日目は尾道界隈と鞆の浦、仙酔島をまわってのんびり過ごしました。

瀬戸内しまなみ海道は、本州の広島県尾道市と四国の愛媛県今治市をむすぶ全長60キロの架橋ルートで、6つの島(向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島)を渡っていきます。しまなみ海道の特徴は、自転車・歩行者専用道が設けられていて、自転車道は世界で最もすばらしい7大サイクリングコースに選ばれるなどサイクリングの聖地として知られています。

JRで新幹線とバス、船、自転車のパスチケットが販売されていたので、それを利用してさっそく自転車をレンタル。こだわれば、しっかりしたロードバイクをレンタルできる場所もあるのですが、ガッツリ走るわけでもないのでこれで十分。渡船のりばには、本格的なサイクリング姿の方や、ぼくたちのようにレンタルの方の姿もあり、いよいよ向島へ渡ります。










天候も良く気持いい走りだし。気になるところは立ち止まってのんびり景色を楽しみます。青空と綺麗な海の景色がとにかく素敵です。向島は北側は住宅、南側にミカン畑がひろがり、洋ランの栽培も盛んだそうです。











タイミングがよかったのか、車も少なくて安心して走れます。サイクリストの方々が颯爽と走り抜けたり、すれちがったりするのを観ているとロードバイクのレンタルの選択肢もありだったかもと思ったりしますが、体力が全くないパートナーと一緒なので、ゆっくりのんびり、ほどよく休憩しつつの距離にしてよかったと思いました。そうこうしているうちに因島へ渡る因島大橋が見えてきました。すっと伸びる橋がとても印象的です。全長1270メートルの吊橋で、上下二段にわかれていて、上が自動車、下が二輪車と歩行者専用になっています。









因島大橋を渡りおえて、今日の目的地のひとつ白滝山へ。因島は南朝鮮から室町、戦国時代の瀬戸内海で活躍した因島村上水軍(海賊?)の本拠地だったそうです。ハッサク発祥地としても知られています。



白滝山は島の北側に位置し、標高226.9メートルの低山です。山頂から因島大橋を見下ろせます。山頂付近まで車道が続いていて、登り坂がまあまああるけど、なんとかなるでしょうと思っていましたが、思っていたより急な坂道だったので、普段自転車で登り坂を乗り慣れていないパートナーがバテてしまいました。こんなん聞いてないで!とめっちゃお怒りに。すみません。自転車押してあげるから許してください。二人分の自転車を手押しで登ること数分、やっと白滝山山頂付近に到着。登り坂の途中にちらほらみえる絶景をみて、機嫌を治してもらえました。





白滝山には、山頂にかけて五百羅漢という石仏が点在しています。江戸時代後期に一観教という信仰があり、そのお弟子さんたちがつくったそうです。







山頂の展望では、360度の絶景がまっていました。とても見晴らしがよく、石仏と海と山と町並みと心地よい風が最高です。先ほど渡ってきた因島大橋も見えます。











白滝山からの景色を楽しんだ後は、元来た道を自転車で戻ります。下り坂なので快適です。途中、因島大橋の下にある因島大橋記念公園内にある「はっさく屋」の名物「はっさく大福」を食べながら、一息つきました。



帰り道は、日が少し傾きかけてきたので、同じ海の風景でも少し色が違ってみえます。いい感じです。大橋の下の浜辺でお爺ちゃん二人が仲良く釣りを楽しんでいる姿が印象的で後ろ姿を撮影させてもらいました。時間がなくて立ち寄れなかったのですが、道中に立花食堂という海辺の別荘を改装したカフェレストランを発見。次回、訪れる時はここでゆっくり食事をしたいと思いました。









再び渡船に乗って尾道へ。
尾道旅行その2へ続く(未投稿)

camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-


ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 12:04 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
2016.07.30

大阪 府民の森なるかわ園地で朝の散歩ハイキング



久しぶりに登山をしてみたくなったのと、トレイルラニングというものを体験してみたくなったので、身体慣らしに朝の散歩ハイキングに行ってきました。

昔は高原地図を見ながら、地形図にメモして登っていたのに、今は便利ですね。電波が届いていなくてもGPSだけで現在地がわかるし、メモやトラッキングもできる地形図のアプリもあります。今日は、地図広げて歩くような高い山でもないので、アプリで十分。

目的地は、府民の森なるかわ園地内にある「ぼくらの広場」です。府民の森は、大阪府の金剛生駒紀泉国定公園内の整備された自然公園施設で、北の交野市から南の泉南市まで続く、くろんど園地、ほしだ園地、むろいけ園地、中部園地、ちはや園地、ほりご園地という6つの園地から構成されています。なるかわ園地は中部園地のひとつです。

近鉄奈良線枚岡駅下車後、枚岡神社前でお辞儀して、とりあえず枚岡山展望台に向かうわけですが、朝からど忘れしていたことがありました。この季節に虫対策を全く装備していません。案の定、人の二酸化炭素に群がってくる蚊が身体と頭のまわりを何匹も飛び交います。めちゃくちゃ不愉快です。以前、森林浴の科学的な成果や効果のお話を聴いたことがあるのですが、都会の人が森林でリラックスできるデータもありつつ、虫にストレスを感じるデータも出ていたことを思いだしました。今、朝の森林に身をおきながら、リラックスどころか100%ストレス状態です。足早に展望まで登っていきます。







枚岡山展望まで来たものの、わんさか蚊がやってきます。こんなに蚊っていたっけ?と思うくらいまとわりついてきます。枚岡山がたまたまそうなのか?今日は失敗です。せめて、蚊の活動が少ないカンカン照りの昼間にくればよかったと思いました。ゆっくり撮影もできず、次の神津嶽コースへ。

厳かな雰囲気の枚岡神社神津嶽本宮の横を回りこむ道を通り、ひたすら蚊を払いのけながら、神津嶽の休憩所に到着。ここも蚊がまとわりついてくるので、ゆっくり休憩する間もありません。蚊がいなければ、素敵な休憩所なのに。。。と思いつつタンクトップ1枚でベンチに座ってラジオを聴いているお爺ちゃんを発見。この蚊の襲撃の中、なぜあのお爺ちゃんは微動だにもせず涼しい顔して座っていられるんだ。。仙人のように思えてきます。





さらっと休憩を済ませて散歩再開。ハイキングコースらしい道が続きます。いい感じだなと草木や土とか近くで撮影したくなるのですが、ひつこく蚊がまとわりついてきます。なんなんだと、いい加減にしろよと、後ろをはっと振り返ると物凄い数の蚊が、ぼくの後ろをうようよついてきてるるじゃないですか!?。さすがに気持ち悪いと思って走って逃げることに。。蚊の追跡から逃れるために猛ダッシュで駆け上ります。







あっというまに次の休憩ポイントまで到着してしまいました。紫陽花が咲いてていい感じの休憩所。追ってくる蚊から逃れることができました。じっとしていたら、この場所の蚊がやってきそうですが、まだましです。走ったぶん水分補給して、あと数分でいける「ぼくらの広場」にむかいます。「ぼくらの広場」は、500メートルほどの低い展望ですが、広い芝生の広場や休憩できるベンチがある素敵な場所です。天気と空気がよければ、大阪平野から大阪湾、六甲の山並みや、遠くの淡路島まで見通せるそうなので、楽しみです。



まもなくして視界が開けてきて、「ぼくらの広場」に到着。広々としていて、空も緑も最高です。なにより蚊が全くいません。













木陰のベンチで大阪の町並みを眺めながらゆっくり休憩。夜景がとても綺麗なんじゃないかと思える景色です。生駒山から南へ続く山の風景も見えます。まだ午前中なので気温もたいしたことなく、風が涼しく、空を見上げて、しばらくポカンとしていました。蚊の襲撃ストレスがウソのようです。







最後に、この「ぼくらの広場」から200メートルほど下った先に森のレストハウスというゆっくり飲食が楽しめる休憩所があるようなので、帰り際にそこに立ち寄ってみることにしました。朝早すぎたのか土曜日が定休日なのか残念ながら閉まっていましたが、確かにゆっくりくつろげそうな場所でした。





帰り道は、またあの蚊の軍団にまとわりつかれると思い、下りということもあり頑張って走りながら下山しました。さすがに蚊も追いつけず一匹たりとも耳に羽音が聞こえてきませんでした。次回は蚊対策を万全にしていきたいと思います。そして、虫はともかく低山でも展望や森の景色を見ながら歩いたり走ったりと気持ちがいいかもと思い、トレイルラニング向けのシューズを購入しようと決めました。といってもガッツリ走りこむわけでもなく、今楽しんでいるサイクリングと同じように、立ち止まって景色を楽しみます。どこから見るのが素敵なんだろとか、ウロウロしながら、次の見たい景色まで小走りするくらいでしょうか。



camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-


ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 18:39 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
2016.07.10

鳥取砂丘にいってきました。



鳥取県にある鳥取砂丘まで遊びにいってきました。日本海岸側にある日本最大の海岸砂丘で、山陰海岸国立公園として特別保護地区や日本の地質百選に指定されています。当日は、大阪から数時間のバスツアーを利用。バスの車窓から見える都会の町並みが田園風景に変わっていく眺めを楽しみつつ無事現地に到着。



ツアー工程は、鳥取砂丘の前に浦富海岸クルーズ。遊覧船に乗り込み島めぐりです。浦富海岸も隣接する鳥取砂丘とともに、山陰海岸国立公園に指定されています。





複雑に入り組んだリアス式海岸の変化に富んだ景観と透明度の高い海に感動。日本海の荒波と厳しい風雪に削られた断崖絶壁を見上げながらの遊覧は迫力満点です。











浦富海岸は、山陰海岸ジオパークのエリアにも含まれていて、洞門や洞窟、白砂浜、様々な地形を観察することができる自然の博物館にもなっています。ジオパークとは、「geo」という地球や大地の意味の接頭後で、地質や地形から地球の歴史を学べる他、その大地に暮らす人と文化も学ぶことができるそうです。









島の砂浜で遊んでいる人や釣りを楽しむ人も見かけたので、ボートか何かでここまで遊びにこれるようです。







浦富海岸クルーズを楽しんだ後、昼食休憩をとっていよいよ鳥取砂丘。はじめて訪れたので、その広大な砂丘に驚きました。鳥取砂丘は、人工的につくったものではなく、長い年月をかけて自然に出来上がったということです。中国山地山間部の岩石が風化作用を受けて砂となり、山から合流して海に向かう千代川がその砂を日本海まで運びます。海まで運び込まれたら、次は波によって岸へ打ち上げられ、さらに強風の西風が内陸側に吹き付けられ積もり積もって砂丘になったということです。当日も確かに強い風が吹きつけていて、砂塵が舞い上がっていました。観光で1日過ごすぶんにはいいですが、ここで生活をする地元の方はけっこう大変なんじゃないでしょうか。





馬の背と呼ばれる一番おおきな砂丘を登りきると日本海が一望できます。海側砂丘を覗き込むと急勾配の砂山のてっぺんにいることがわかります。風にとばされて転げおちないように気をつけます。







砂丘を満喫した後、少し休憩。気が付けばシューズにおもいっきり砂が入っていました。シューズを逆さにするとザラッとでてきます。サンダル持参して履き替えて出て行った方がよかったかもしれません。休憩後、鳥取砂丘から歩いて数分の「砂の美術館」へ。ここは世界初の「砂」をテーマにした美術館で、定期的に砂像展示のイベントが行われています。各国のプロの砂像の彫刻家を招いてテーマにそった像を制作するそうです。今期のテーマは「砂で世界旅行・南米編」です。











小さい頃、砂遊びで少し水で固めながら建物らしきもの作ったり、団子をつくったりして遊んだ記憶がありますが、こんな立体物どうやってつくるんだろうと興味津々で見てしまいました。砂像は、意図したサイズの入れ物に砂を詰めて水を適量にいれ、よく砂と水を混ぜた後、押し固めるそうです。その後水がひいてから入れ物から取り出して土台が完成。その砂の土台を彫刻のように削り、崩れないように慎重に手を加えていく地道で大変な作業です。











想像していたよりも会場内は広く、南部の歴史や文化を垣間見える砂像の展示がいくつもあり、こんなにたくさん見れるとは思ってもみませんでした。久しぶりに色々なものを見聞きできた満足の日帰りバスツアーでした。







camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 02:05 | Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする