2017.01.08

今年で4回目になるお伊勢参りと二見浦の夫婦岩参り



元旦に三重県の伊勢神宮に初詣でに行ってきました。今年で4回目になりますが、大晦日と元旦の2日間、パートナーともども2人とも休みなのは初めてのことです。ということで、大晦日を外食の年越し蕎麦ですませ、深夜の近鉄電車で二見浦の夫婦岩を目指して初日の出の光を浴びにいくことにしました。

ふたりとも列車の中で爆睡していたので、疲れもなく清々しい気持ちで駅を出て夫婦岩に向かいます。夜明け前の薄明かりの下、しかも寒い中でも既に初日の出を見ようと夫婦岩に向かう人々の影。岩の前が人だかりになること想像するとオエッとなりますが、光の指す方向へ一列になって向かう人影の光景も素敵です。



初日の出なんだから、メデタイ感じで夫婦岩の2つの岩の間に日の出という絵を期待していたのですが、この時期は岩の右岸沿いの山あいから日の出が出るそうです。期待にそう日の出は、夏ということです。夫婦岩付近まで到着すると、案の定人だかりで規制がはいり、なかなか前に進めません。どうせ夫婦岩の間じゃなくて、右岸沿いの山からみえる日の出なんだから、いい絵は期待できませんし、こんなところで待っていたら誰だかわからない人の後頭部をみながら夜が明けてしまいます。プランを替えて、人だかりをかき分け後退することにしました。空いてるところで、曙の夫婦岩をしっかり拝んでいこうということにしました。

プラン変更は正解。みなさん日の出をみるために行列へ流れていくので、夫婦岩の真正面は人が少ない状況。徐々に右側から夫婦岩に光が指す光景を観ながらお参りさせてもらいました。あとでパートナーが通りすがりのおばちゃんに日の出どうでした?と質問してみたところ、雲かなんかモヤッとしててようわからんかったわとコメント。並ばなくてよかった。。



夫婦岩のあとは、いつものコースでお伊勢参り。外宮は、豊受大御神(とようけおおみかみ)がご祭神で、衣食住をはじめすべての産業の守り神としてあがめられています。日頃の感謝の気持ちを伝えて、関西の経済が良くなり、人の暮らしが良くなるようにお祈りしました。いつもお昼前に訪れるので、参道から人だかりで大変ですが、早朝の参道は人もすくなくすっと入って行けました。



外宮(げくう)のお参りの後、いつもの通り、バスで数十分で内宮(ないくう)へ。宇治橋を渡って五十鈴川で少し休憩。この場所はいつきてもいいなと思えます。川面がキラキラしているこの場所に訪れると穏やかな気持ちになります。







内宮(ないくう)は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)がご祭神で、皇室のご祖先の神、日本人の総氏神とも言われています。ここでは平和な世の中になってほしいとお参りしてきました。今年は近鉄線のフリーパスチケットを購入したので、かえり際に伊勢神宮初幸の酉のお土産をいただきました。丁酉(ひのととり)の干支にちなんで、神宮指定窯で謹製したものだそうです。どうせだから現地で記念撮影。





内宮のお参りの後は、例年通りお決まりのコースで「おはらい町」。前年と被らないメニューで、揚げもちソーセージに伊勢焼きうどんなど食べ歩き。そして1年に一度食べることにしている赤福でぜんざいをいただきました。













毎年このあと夫婦岩に向かうために、バタバタしていたのですが、既にお参り済。ゆっくり散策することができました。今年、伊勢にオープンしたばかりの岩座というお店で初体験のオーラチャクラ診断をしてもらいました。オーラチャクラ診断は、バイオセンサーによって自分の生命(バイオリズム)データを測定して、精神状態や心身の状態を分析してくれるサービスです。ぼくのオーラカラーは青でした。青は、冷静沈着で客観性があり、冷静な判断力、愛情を持つプラス面と、冷ややかで、コミュニケーション不全、自由を欲するマイナス面があるそうです。

オーラサイズは、100点中90点。オーラサイズは、どれだけ自分を守り、自分を確立して存在感を放つことができているか、リラックスできているかを確認することができるそうです。人間の生命や肉体、精神の働きをコントロールするチャクラの状態もみれます。コレに関しては、良好な事例と見比べるとかなりアンバランスでした。原因はよくわかっているので、そうだろうなと思ってみていました。他にも30ページに渡って診断書を出してもらえました。自宅に帰ってじっくり見ることに。



帰り道は、作年からお気にいりになった五十鈴川沿いの川面を眺めながらバス停に向かい、近鉄線で夕方までに家に到着しました。ふたりとも2日から仕事なので、1日のペース配分としては嬉しい時間割になりました。今年はぐんと飛躍させる1年にしたいと思います。










camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 03:09 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
2016.12.25

東大阪高井田 欧風家庭料理 Chex Noix (シェノア)でディナー



東大阪高井田にある隠れ家のようなお店「欧風家庭料理 Chex Noix (シェノア)」さんでディナーをしてきました。非日常的な空間で、ふたりで、または家族でゆっくり食事をしたい方にオススメです。「シェ・ノワ」とはフランス語で「胡桃(くるみ)さんの家」という意味だそうで、訪れる方にお店という感覚ではなく、くるみさんの家にお呼ばれした感覚で訪れてもらいたいという意図があるようです。



エントランスから雰囲気いっぱいの演出で、テーマパークのアトラクションのひとつに入っていく気分です。店内にはいるとが吹き抜けの高い天井に、アンティーク家具や小物のオンパレード。





前回訪れた時もそうですが、余裕がある時はゆっくりできるように両隣が開いている席に案内してくれます。隣の話し声を気にせずに、2人だけでゆっくり食事ができる空間を楽しめます。前回は、おすすめのビーフシチューを美味しくいただけたので、今回は他のメニューをオーダー。変わらずリピートしたのは、ブリオッシュパン。柔らかくてケーキにちかいフランスパンで、バターと一緒に食べるととても美味しいです。





料理の待ち時間に店内を見渡すと、メニューの装丁から、小物や家具など隅々までお店のテーマにこだわりつつも緩く作り込まれている感じがしてとても素敵です。この雰囲気とここの料理が大好きな方が定期的に訪れ、この空間で食事をすることで、このお店の世界観が完成するだろうなと思うと、ひとつの絵本の世界をみているようで、惚れ惚れしてしまいます。









この日もゆっくり食事をさせてもらいました。シェノアさんでは、ライブイベントや、朝イベント「クルミマルシェ」に料理教室など、食事意外の楽しみ方もあるようなので、次はイベントをチェックしてお邪魔したいと思います。



camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
posted by pen at 01:36 | Comment(4) | Diary | 更新情報をチェックする
2016.11.27

吹田市千里藤白台の三色彩道までサイクリング



久しぶりにサイクリングに出かけてきました。目的地は、大阪市内から約1時間半で行ける吹田市千里藤白にある三色彩道と呼ばれる紅葉スポット。紅葉目当てに大きな公園や山間で1日過ごすのが好きな方ですが、気負わずにただ通り抜けるだけというのも良いもんだなと思いました。普通の街中に映画のワンシーンのような素敵な紅葉の坂道が現れます。毎日この道を通学路や通勤路にしている住民さんが羨ましい。足下をみていると赤や黄色の落ち葉がさらに枯れて粉塵になっていて、ピンク色や黄色の砂のように見えてとても綺麗です。









三色彩道という名前は、黄緑色のトウカエデ、黄色のアメリカフウ、赤色のタイワンフウから構成される並木道で、吹田市が市民公募して名付けられた道だそうです。約400メートルほどの生活歩道に色彩豊かな風景が広がっています。







ただ、気軽にいけるだけにお昼間は車でこられる方が多く、道路脇にたくさん車が止まっていることもあるそうで、絵にしたい時は早朝がオススメだそうです。この日は、お昼間だったので、車がそこかしこに駐車しており、スマフォで撮影している人がたくさんいました。車が入らない場所を選ぶのに苦労します。



でも人が多い時間帯は、家族で手をつないで歩いていたり、子どもがはしゃいで、赤や黄色の落ち葉の上を駆け回ってたり、老夫婦が2人で向かい合って撮影していたり、カップルさん2人が紅葉のトンネルを歩いている風景があってとても素敵です。幸せそうだなあと魅入ってしまいました。











camera:GR DIGITAL2 & テレコンバージョンレンズ GT-

ブログランキングならblogramにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ

posted by pen at 01:05 | Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする